オルタナティブ・ブログ > まあまあ元気になる話 >

IT業界での少し気分がアップする出来事、心持ち役立つこと、ややイイ話

モチベーションを上げる言葉

»

先日、千葉雅美(サミー)さんのエントリー「デジタル世代の特長」に、最近の学生について、

自分にとってメリットがある。おいしい話には飛びつく。
でも、メリットがよくわからないと、他人事になる。。。
⇒だから先輩たちは、
 「これをやるメリットは・・・」と、やることの意味・意義を示して
 仕事の指示をする。など、動機づけがポイントだと思う今日この頃。

と、ありました。

確かに、うちの娘たちを見ていると、興味のあることと、無いことに対しての反応が全く違います。

わたしが子供の頃は、親父がどこかに行くときは、有無を言わさず連れて行かれたような気がしますが、娘たちは、
「何で、行かなきゃいけないの?」、
「パパ一人で行って来たらいいじゃん」
という調子です。

サミーさんが書かれている通り、「メリット」を示す必要があります。
では、娘が興味を持っていないバッティングセンターに一緒に連れて行くとしたら、どの言葉が効果的なのでしょうか。

1.一緒に行ったら、チョコレートを買ってあげるよ
2.バッティングをやったら、ダイエットになるよ
3.パパ一人じゃ寂しいから、一緒に行ってくれないかな

以前、部下指導の研修でやったのですが、部下の価値観、基本欲求によって、モチベーションを上げる、やる気を出させる言葉は違うのだそうです。
「達成感」を重視する部下なら、給料よりも、定量的な目標値を設定してあげたり、その業務のチャレンジ性を示してあげる方が、やる気になる、といった具合です。
その研修では、いろんな設問によって、「愛・所属」、「達成感(チャレンジ性)」、「自由」、「楽しみ」、「報酬」といった5つのタイプに分けていました。
例えば、同じ「一緒に頑張ろう!」という言葉でも、「愛・所属」を重視する部下なら響くけど、「自由」のタイプには鬱陶しがられたりするそうです。

研修のときは、「なるほど」と感心するのですが、いざ、自分が指示を出す場面になると、
「面倒くさい」とか、
「なんで、こんなに気をつかわなきゃいけないんだ」、
「嫌なことだって、仕事なんだから、上司に言われたらやるのが当たり前だろう」
なんて思ってしまいがちです。

そう、わたしたちが新人の頃は、先ほどの親父の例じゃないですが、有無を言わさず「やれ」みたいな指示が多かったのです。
だから、


  • 自分がやってもらったことが無いから、どうやってやったらいいか分からない
  • 自分がやってもらったことが無いから、部下にもやらなくていい

なんて考えてしまうのかも知れません。

でも、それで仕事をした結果はどうだったでしょう。
仕方ないからやるかな、と気分が乗らないままやってはみたものの、上司が求めているものと違ったりして、いっぱいダメ出しをされて、ますます、やる気を無くしてしまう、なんてことが多かったような気がします。

目標をリアルにイメージできれば、そのための行動も変わってきます。
成功するために、効率よく、楽しく行動できるようになります。
そして、その成功体験が、また次の行動につながります。

タイプ別に、モチベーションを上げる言葉を与える、というのを
「ニンジンをぶら下げて馬を走らせるみたいで嫌だ」
という人もいますが、それとはちょっと違うように思います。


  • 目標をどうイメージするか、どう楽しんでやるかは、結局、その人(部下)次第。
    上司は、それを手助けしてあげるだけ
  • 上司と部下と言っても、人間関係なので、相手を知った上で、接した方が、うまくコミュニケーションができる

こんな風に考えてみればどうでしょう。
上司も、もっと気楽に、「やることの意味・意義」を部下に示してあげられると思います。

ところで、昨夜、うちの娘たちに、

1.一緒に行ったら、チョコレートを買ってあげるよ(「報酬」)
2.バッティングをやったら、ダイエットになるよ(「達成感(チャレンジ性)」)
3.パパ一人じゃ寂しいから、一緒に行ってくれないかな(「愛・所属」)

と聞いたら、二人とも迷うことなく1番を選びました。

以前サミーさんのエントリーに、(メリットを示すのに、)

以前は、「チョコレート買ってあげる」と言えばよかったのですが、
高一、小六ともなると、その手も通用しなくなりました。

とコメントしたのに…。
結局まだまだチョコレートに打ち勝つ「価値観、基本欲求」は持ってないようです。

Comment(4)

コメント

村山様、

> 「愛・所属」、「達成感(チャレンジ性)」、「自由」、「楽しみ」、「報酬」といった5つのタイプ

とても参考になりました。ありがとうございます。是非ともこの5つを意識して声がけをしていこうと思います。

ご無沙汰しています。
僕も学生と話していて、一番面倒くさい・・・と言ったら申し訳ないのですが、一番注意しているのが、その点です。
メリット、デメリットで考えないおもしろさを教えられるように努力しています。

Shiroさん、
コメントありがとうございます。

社員がどのタイプかを知るだけでも、いろいろ役立つように感じてます。

ookiさん、
ご無沙汰してます。
学生さんの相手は、いろいろ大変そうですね。
メリット、デメリットで考えないおもしろさ、素晴らしいことだと思います。

コメントを投稿する