オルタナティブ・ブログ > パティシエを目指していたサミーの営業日記 >

夢が持てる次世代を創るために企業の人材の採用、育成などを支援しているビジネスコーディネータの日々の奮闘をつづります

デジタル世代の特長

»

プロジェクトの関係で、学生とのやりとりが増える一方、
新人研修の企画で、そういった学生をどう育てていくか?を
人事担当者と意見交換をする機会が増えているサミーです。

ゆとり世代・デジタル世代と呼ばれる彼らを育てるには???
頭を悩ませる今日この頃です。

そんな中、最近読んだ本で面白い記述を発見。

「デジタル世代
 頭においしいところがないと、簡単に飛ばされてしまう
 例:音楽などいきなりサビがないと、最後まで聞かない」

コンピュータを使いこなすため、数字のシミュレーションが得意。
 3/1の価格でホテルを作るとなると、今までの常識とはまるで違うものが
 出てくる

 いままでは、基本資材があって、床はこんな具合で、カーペットはどこに頼ん
 で・・・と下から諸経費を積み上げて計算。関係先や具体的な人物を想い浮か
 べながら、どの費用を切り詰めるか、、、などを思案していた。
 デジタル世代は、パソコンのキーボードやマウスを操作して、宿泊費を半分に
 したらどうか。そのための建築費はこれこれと・・・と大胆に想定を変えて
 シミュレートする。

 コンピュータ・シミュレーションの威力は素晴らしいが、そこには、計算でき
 ない要素、数値化しにくい感情的側面が含まれていないことをついつい忘れが
 ちである

出典:「サイバーリテラシー概論 IT社会をどう生きるか」
     矢野直明 知泉書館

確かに!と思い当たることもあります。

自分にとってメリットがある。おいしい話には飛びつく。
でみ、メリットがよくわからないと、他人事になる。。。
⇒だから先輩たちは、
 「これをやるメリットは・・・」と、やることの意味・意義を示して
 仕事の指示をする。など、動機づけがポイントだと思う今日この頃。

仕事を始める前に、シミュレーションをやりたがる。
でも、計算ばかりで前に進まず、納期がきてしまう。
そんなシーンをよく見る今日この頃。
⇒シミュレーションも大切。でも、試してみる。
 やってみて、振り返ることも大切だと、私は思います。

また、人との付き合いが希薄になっているという話も聞きます。
気まずい関係になったら、アドレスから消去。もしくは番号を変える。
なーんてこともよくある。。。とか。
⇒それって寂しいことではありませんか?
 人との出会いは大切にしたい。
 コンピュータでは測れない感情を大切に、情緒豊かに過ごしたいものです。

そんな中、サミーは・・・
今年は高校時代のクラスメイトとの忘年会を盛大に行おうと企画中です。
メイン幹事を引き受けてくれた友人と二人、卒業以来会っていない友人たちの
連絡先を調べ、なんとか全員集めようと奮闘中です♪

デジタル機器を使いこなしながらも、
気持ちは昔のままでいたいなぁ
と思うサミーでした。

Comment(6)

コメント

シミュレーションというよりは、空想に感じることがありますね。
シミュレーションは根拠があるけれど、根拠すらないような。

ookiさん

こんばんは。コメント、ありがとうございます。
空想。。。
確かに、、、根拠がないシミュレーションが多いかもしれません。

> 自分にとってメリットがある。おいしい話には飛びつく。
> でみ、メリットがよくわからないと、他人事になる。。。

うちの娘たちは、まさに、そうですね。
はっきりしています。
以前は、「チョコレート買ってあげる」と言えばよかったのですが、
高一、小六ともなると、その手も通用しなくなりました。

やることの意味、意義を丁寧に示すのは、対デジタル世代でなくても大切にしたいですね。
われわれの世代が新人の頃は、有無を言わさず「やれ!」みたいなのが多かったですが、
とっても嫌でしたから。

hiderin

村山様

そうですね。オジサン達に「俺たちの若い頃はなぁ。ばかやろー、コノヤロー言われて
仕事してきたんだぁぁー!」って言われても、今の新入社員にはナポレオンの名言ぐらい
にしか感じないんじゃないんですかね。

あれこれ手を差し伸べるのが『過保護』って言われますけど、
教える側は『時代が変わった』って事を強く認識しないと、
今はぎりぎり「株式会社日本」に残れますけど、グローバル化が
どんどん進むと、もう居られなくなると思うんですが・・・。

時代は変わるんですが、変わらないのはサミーが言うとおり、
「人との出会い」とか「愛」とか「情」とかじゃないのでは?

そんなエラソーな事言ってる自分は今週どれだけ愛情をもって、
人と接したかなぁ・・・(反省(-"-))

村山要司さま

こんばんは!
コメント、ありがとうございます。
お返事遅くなり、すいません。

>やることの意味、意義を丁寧に示すのは、対デジタル世代でなくても大切にしたいですね。
>われわれの世代が新人の頃は、有無を言わさず「やれ!」みたいなのが多かったですが、

そうですね。
プロジェクトメンバーにやることの意味、意義を共有し、共感してもらい
一緒に成果を出すときも必要だなと最近痛感しています。
そんな私も上司から「やれ!」と言われて育ったように思います。
新人時代「なんで?」「でも?」が口癖でよく叱られました。

そのうち、自分で何のためにやるのか?理由づけをしたり、
どうしたら楽しくなるか?と考えたりするようになったように思います。
仕事を楽しくするのは自分次第!そう思う今日この頃です。

hiderin

こんばんは!コメントThanks.

>時代は変わるんですが、変わらないのはサミーが言うとおり、
>「人との出会い」とか「愛」とか「情」とかじゃないのでは?

「愛」とか「情」か~。
私も、そんな感情を持って人に接することができているかしら。
胸に手を当て、日々反省です。

コメントを投稿する