オルタナティブ・ブログ > ミッキー・グレースの頑張れニッポン! >

世界から憧憬される骨太なニッポンになろう。カリフォルニア発日本応援歌

必要なのは爆弾ではなく、太陽なんだ:QI事件について (茂木健一郎氏のコメント 和訳)

»

必要なのは爆弾ではなく、太陽なんだ:QI事件について

スティーブン・フライがホストを務めるBBC放送の人気コメディクイズ番組QIが日本で物議を醸し出している。この日の放送で、広島と長崎で被爆 した山口彊氏のことを「世界で最も運が悪い男」と紹介したからだ。早速、日本大使館がBBC放送と制作会社に対して抗議を申し込んだと報道されたが、TV や新聞の論説、ツイートやブログからも明らかなように、日本国内では怒りと憤りが広がっている。

外国の人には、日本人が抱く原爆に対する恐ろしさと怒りは理解し難いかも知れない。諸外国はその被害の大きさしか想像することができないだろうか ら。しかし日本人は、歴史の紆余曲折を経て、実際に原爆を体験してしまった。それは単なるフィクションや映画の一シーンではなく、厳しい現実の一つなの だ。この点において、明らかにBBC放送と制作会社は、人類にとって20世紀最大の悲劇の一つに対する思慮や配慮が欠けていた。

ただし、これは意図した悪意ではなく、日本人の感じた怒りはおそらく齟齬に端を発するものであろうことも指摘しておきたい。博士課程修了後、ケン ブリッジ大学において楽しく満足な2年間を過ごし、その後も毎年のようにイギリスを訪問している私は、あのイギリス流のユーモアが大好きであり、尊重もし ている。スティーブン・フライ氏が好感の持てるリベラルな知性派であることも知っている。私は、QIという番組でも、ブラッカダーシリーズのような他のフ ライ氏の代表作でも大笑いする。だからこそ、今回のQIが我が母国においてこれほどの怒りと悲しみをもたらしたことが大いに残念である。

イギリス流のユーモアは、難しい社会問題を題材にする。それは時に大きな論議を呼ぶところまで突っ込んでいく。危ない綱渡りも覚悟の上だ。数年前 に東京で対談したデビッド・ワリアムズ氏は、いつも狙ったところに当てるは難しいと言っていた。ワリアムズ氏とマット・ルーカス氏は、『リトル・ブリテ ン』制作において、挑発しながら笑わせることと罪のない人を傷つけてしまうことのぎりぎりのバランスを突き詰めていた。

コメディの制作におけるこの勇気は賞賛と尊敬に値する。フライ氏はとても勇気があり、啓発される。しかし、最前線を開拓する者は時にその代償を払うことになるということも、我々は忘れてはならないのだ。

私は、この事件が、今までなかなか実現しなかった日本とイギリスの深い意思疎通のきっかけになることを願って止まない。怒りの暗雲で始まった問題が最後には明るい笑顔で終わることを節に祈っている。

私達に必要なのは、爆弾ではなく太陽なのだから。

********************************

茂木健一郎氏の原文(英文)はこちら

We need sunshine, not the bomb: The QI incident.

An episode of QI, BBC's popular comedy quiz show hosted by Mr. Stephen Fry has caused an uproar in Japan. In this particular episode, Mr. Tsutomu Yamaguchi, who survived both the Hiroshima and Nagasaki atomic bombs, was introduced as "the unluckiest man in the world". As it was reported that the Japanese embassy made a protest to the BBC and the production company, indignation and anger spread in Japan, as was apparent from television shows, newspaper editorials, and tweets and blogs that followed.

It might be difficult for someone outside Japan to understand the sheer horror and anger associated with the atomic bombs. After all, other nations just imagine how damaging it is. Japanese people, by the turns and twists of history, have actually experienced it. It is not just a fiction or a movie scene. It is a hard reality. In this respect, the BBC and the production company clearly lacked imagination and respect to one of the most traumatic human experiences in the 20th century.

Having said that, I would also like to point out that the outrage came perhaps from a miscommunication rather than an intentional malice. As someone who spent two years of happy and stimulating postdoc days in University of Cambridge, and who have been visiting the U.K. almost annually ever since, I deeply love and respect the British sense of humor. I know Mr. Stephen Fry to be an intelligent, loving, and liberal man. I adore the QI show, just as I admire other Stephen Fry legends like the Blackadder series. How sad that this particular episode of QI caused anger and sadness in my native land.

The British sense of humor means that you confront difficult social issues, sometimes verging on the outrageous. It is like an act of walking on a tight rope. When I met with Mr. David Walliams in Tokyo several years ago, he said that it is always difficult to strike the right code. In creating Little Britain, Mr. Walliams, together with Mr. Matt Lucas, had to seek a difficult balance between being enjoyably provocative and saddening innocent people.

Trying to be courageous in comedy making is laudable and reserves all the respect. I know Mr. Stephen Fry has been very courageous and inspiring. Being a pioneer, however, sometimes comes with a price, a point all of us should perhaps appreciate.

I hope that this incident will start a much needed in-depth communication process between Japan and the U.K. I sincerely wish that what started with a dark cloud of anger would end in a peal of laughs.

We need sunshine, not the bomb.

Comment(3)

コメント

Yoshi

BBCへの抗議をしたというイギリス大学院留学中の50代男性がブログを通じて、その抗議文やBBCからの返答を公開していますが、イギリスの文学や演劇などに精通しているようで、実際にはイギリス的な考え方、ユーモアには精通していない部分もあるようでガッカリしました。

山口彊さん死去のニュースは、日本では小さい取り扱いでしたが、アメリカのニュースではきちんと敬意をもって報道されていました。夜のニュースのキャスターになって間もないダイアン・ソーヤーが伝えていたのをハッキリ覚えています。むしろ、日本のメディアが取り上げていないことに怒りさえ覚えました。だから今回の件、山口彊さん死去のニュースよりも大きく報道されていることが残念でなりません。

上記50代の日本人男性は在英日本大使館にも情報を伝え、結果として同大使館が抗議をした、と報道されていますが、ユーモアに対してユーモアで返せない日本人がどう見られるのか、も考えて欲しいと思うし、在外公館、特に大使という身分は、天皇の御代でもあるのです。外務省勤務ともなれば、将来的には宮内庁での仕事をあずかる身分にもなるかもしれない人たちに、こんなことで抗議をさせるとは、どっちが日本人として正しいのかと考えてしまいます。

ミッキー

新聞記事などの報道に反応した人は少なくないと思います。でも元のQIという番組を見て、事実関係をちゃんと確認した人はその何割でしょうか?
私も、イギリス流ブラックユーモアを解する人間の一人ではありませんが、どのような文脈の中でどのようなコメントがなされたのかを確認せずには、自分の意見を述べることはできないです。

問題となったQIの第8話のYouTubeビデオに掲載されたコメントには、この問題から逸脱したコメントも少なからずあるようです。そういう議論には巻き込まれたくないです。

番組制作者には制作者なりの意図があったと思いますので、その釈明には関心があります。でも「被爆」をイギリス流ブラックユーモアのネタに使ったことについては、配慮に欠けたと非難されても仕方がない部分もあると思いますけれど。

Yoshi

YouTubeのビデオを見てから上記のコメントを書かせていただきましたが、問題があるとすれば核兵器や放射能について軽く語っている部分では?と思いました。その後、長命であった山口氏のことを、むしろluckiestとも言ってますから。

番組の文脈も大切ですし、「敗戦」(終戦にあらず)を経て東京裁判を受けた敗戦国日本と英国との認識の違いといった部分を語らずに、言葉尻をとらえているだけの感情論も危険だと思います。

それより、この報道の前から山口氏のことを知ってた日本人が何人いたというのでしょうか?BBCの制作者が知ってる日本人を日本人が必ずしも知っている人物ではなかった、という事実のほうが重いような気がしてます。

コメントを投稿する