オルタナティブ・ブログ > ミッキー・グレースの頑張れニッポン! >

世界から憧憬される骨太なニッポンになろう。カリフォルニア発日本応援歌

英語でコーヒータイム(31) よろしいですか?

»

大手ユーザーがメーカーを訪問し、製品の機能開発要件(Enhancement Requests)をディスカッションしていた時のこと。

ユーザーからの要件(日本語)、その英訳、メーカーからの回答(英語)、対応時期などがまとめられた一覧表を見ながら、一件一件、確認をしていったのです。

メーカー担当者からの説明を聞いて、特に追加質問やコメントがないと日本人は何も発言しないのケースが多いようです。

ウンともスンとも言わない。

問題がない場合は反応しない、が通用するのは日本国内だけと思ってくださいね。少なくともアメリカでは、よければOK、ダメならIt is not okay.と意思表示をして欲しいものです。

一通り説明しても、良いとかダメとか反応がないので、メーカー側は「よろしいですか?」とか「進んでよろしいですか?」とそのたびに確認することになってしまうのです。

よろしいですか?
Is it okay?
Any problem?

先に進んでよいですか?
Can we move on?

はい、けっこうです。
OK.
No problem.

We have no objections. 
直訳すると「異議なし」で裁判のような気がするかも知れませんが、メーカーからの提案に対して「それで問題ありません。」程度の軽い気持ちでも使うことができます。

場合にはよって、

ちょっと内部で相談させてください。
と言うこともあるでしょう。そんな場合は
Can we have a moment, please?
でも間に合います。

We would like to have an internal discussion. Would you give us a moment, please?



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する