オルタナティブ・ブログ > ミッキー・グレースの頑張れニッポン! >

世界から憧憬される骨太なニッポンになろう。カリフォルニア発日本応援歌

英語でコーヒータイム(10) changing gears

»

私が今乗っているのは93年型のトヨタMR2。5速マニュアルシフトのターボです。
ミッキーさん、飛ばし屋だったんですねぇと言われますが、実はこれは主人のお下がりです。そろそろ買い換えようかとも思っているのですが、ハンドリングはいいし、トランクスペースも十分だし、まだあまり距離も乗っていないし、なかなか踏ん切りがつかずにいます。他に好きな車が無いというのも決断を渋っている理由の一つです。

私は車のことがよくわからないので、性能よりもまず外観やスタイリングがポイントになることが多いのですが、それでも欲しい!と思う車はあまりありません。
でも先日AudiのR8を見たときには、あっ、これがいいと思いました。後ろから見ただけでしたけれどカッコ良かったです。後で値段を調べたらば、とても手が出る代物ではないということがわかってがっかり。

ホンダのS2000も好きなのですが、実用的なことを考えるとハードトップがいいかなと思います。(MR2はTバールーフですが、滅多に開けないし。というよりも通勤にしか乗らないので。)

でも次の乗る車も絶対にマニュアルシフトにしようと思っています。英語ではStick shift。(オートマはautomatic。) 別に運転が好きというわけでもないのですが、オートマの坂道の加速が嫌いというのが理由です。でもマニュアル車だと、コーヒーを飲みながらの運転ができないという不便さがありますけどね。

さて、シフトの話が出たついでにギアチェンジにも話を広げてみましょう。
英語で、Changing gears と言えば、「話題は変わりますが、、、、」という意味なんです。
Shifting gearsとも言います。

例えばプレゼンテーションをしていて、ITの話から景気の話に話題が変わる時などに、スライドを変えながら、「Changing the gears, I am going to talk about the current economy.」と使うと、「さて話題を変えて、次に現在の経済状況についてお話しましょう。」ということになります。

けっこう使い勝手がよい、利用頻度のあるフレーズですので、ぜひ試してみてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する