オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

久しぶりに胃カメラを飲んだ

»

会社の健康診断で胃カメラで胃部内視鏡検査をしました。前回、胃カメラを飲んだのは、10年以上も前。その時の苦しさが記憶にあり、ずっと避けておりました。今回の検診の案内に鼻から内視鏡を入れるとあったので、久しぶりに胃カメラを飲んでみました。鼻からですけどね。

前回、苦しかったのは、喉の麻酔。ゼリー状の麻酔薬を喉で転がすのですが、だんだん喉が麻痺してきて、うまく唾液が飲み込めなくなり、この時点で既に苦しかったです。結局鎮静剤も打ってもらい、朦朧とした意識の中で検査をしてもらいました。それでもやはり苦しかったのと、検査後も喉の麻酔が切れるまで、ずっと違和感がありました。検査時間は、それほど長くなかったものの、苦しくてもう当分嫌だなあと思いました。

今回は、まず鼻の両穴にスプレー。鼻の穴を広げやすくするとのことです。胃を洗浄するために液体をコップ一杯飲み、その後、どちらの鼻がいいかと聞かれ、どちらでもいいので、左側にチューブを挿入。インフルエンザの検査した時のように結構奥までチューブが入りましたが、意外とすんなり入りました。そこにゼリー状の麻酔薬を投入。喉元に落ちてきたものは、飲みこんでくださいとのことで、ああやっぱり、喉にあの麻酔の味、そして喉元も麻酔されていき、唾液や呼吸がちょっとしにくくなる感じはしたのですが、前回の喉に直接に比べるとかなりましでした。さらに大きめのチューブを挿入し、しばらく待ちました。

いよいよ検査室へ。横向きになり、内視鏡が入ってきます。口からほどじゃないけど、やはりちょっと苦しかったです。食道を通る時、ちょっと突っかかって、「唾液飲むようようにお願いします」と何度か言われ、ようやく胃へ。そこを通りぬけ、十二指腸から検査し、再び胃を念入りに検査。内視鏡の管が鼻から食道、胃へと入っている感覚がよくわかり、やはり違和感はありました。それでも前回の口から内視鏡の時とは格段に苦しさが軽く、冷静にモニターに映る自分の胃や食道を見て、検査士の先生の説明もよく聞くことができました。

全く苦しくないわけではないですが、口からより鼻からの方がはるかに楽でした。検査後の喉の麻酔の残り具合も軽微で1時間後には普通に食事ができました。

鼻からだったら年一回胃カメラ検査でも大丈夫だなあと同僚に話したところ、逆に鼻の方がつらい人もおり、個人差はあるようですね。

ちょっと胃カメラに対する抵抗がなくなりました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する