オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

弦楽四重奏でプログレッシブ・ロック

»

日本の著名オーケストラに所属しているメンバーから構成された弦楽四重奏団モルゴーア・クァルテット、もともとはショスタコーヴィチの弦楽曲を演奏するために結成されたそうですが、2年前にプログレッシブ・ロック(プログレ)をアレンジしたアルバムを発表しました。その中の一曲がこれ、プログレ・ファンには有名すぎますね。思わず聴き入ってしまいした。本家に劣らぬ超絶技巧です。

今朝のNHK「おはよう日本」にメンバーが出演されていましたが、編曲を担当された荒井さん、大のプログレ・ファンらしく、楽しそうにお話されていました。
今年の5月に第二弾アルバム「原子心母の危機」が発売され、こちらもなかなかの選曲です。ピンク・フロイドの「原子心母」は、もともとオーケストレーションが多用されていますので、なんとなく想像がつくのですが、イエスの「危機」は楽しみですねえ。リック・ウェイクマンのキーボードソロは、どんな風にアレンジされているんですかね。

ダイジェスト版が、YouTubeで視聴できます。

演奏会も開いているそうで、これはぜひ行ってみたいです。

アルバムは、ジャケットのデザインやロゴまでプログレ・ファンをにんまりとさせる工夫が心憎いです。

プログレ大好きなので、今後の活動に大いに期待しています。

原子心母の危機 Atom Heart Mother is on the edge 原子心母の危機 Atom Heart Mother is on the edge
モルゴーア・クァルテット

日本コロムビア 2014-05-20
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
21世紀の精神正常者たち 21世紀の精神正常者たち
モルゴーア・クァルテット

日本コロムビア 2012-06-19
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する