オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

ワールドカップ観戦の数万の観客の足踏みによる電力発電がブラジルのスラムを救う?!

»

今、ブラジルで開催中のサッカーのワールドカップ。白熱する試合と熱狂するファンの模様がテレビやネットのニュースから日々伝わってきます。

Pwp

華やかなな試合の一方で、開催反対のデモのニュースも取り上げられています。リオデジャネイロには、約140万の人々がスラム街に住み、その2/3は電気もままならない生活をしているそうです。

そんな中、フランスのカンヌで開催された広告・コミュニケーション関連のアワードやフェスティバル「カンヌライオンズ」でこの課題に対するアイデアが投稿されました。自由に学生からアイデアを募る新人発掘コンペティションで、IBMをテーマ(クライアントと想定)にした作品です。

IBM - Passion is Power from adam radi on Vimeo.


スタジアムで観戦する数万規模の観客が試合に熱狂し、足踏みやダンスをすると客席の下に敷かれたシートから発電し、街に電力を供給するというアイデアです。若い柔軟な発想とアイデアに感激してしまいました。そして、まさにSmarter Planetを掲げるIBMを理解してくれているということにありがたくなりました。

このアイデア、日本のスタジアムやコンサートホールでも活用できそうですよね。

<追記 6/24 20:31>
コメントいただきました。なんとすでに日本では実現されているそうです。ノエビアスタジアム神戸では、床発電システムが設置されており、サポーターが飛び跳ねると発電されるそうです。ハーフタイムに発電量が大型ビジョンに表示されるそうで、結果も楽しみながら確認できるのが素敵ですね。

サッカー場でエコ発電?ノエビアスタジアム神戸

Comment(3)

コメント

神戸サポ

このシステムは既に日本のスタジアムにありますよ
我が神戸のノエビアスタジアム神戸には数年前から導入されて、舞試合、発電量が報告されています

神戸サポ 様
コメントありがとうございます。すでに日本で実現されていたのですね。知りませんでした。
教えていただき、ありがとうございます。

神戸サポ 様
ありがとうございます。情報追記させていただきました。

コメントを投稿する