オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

『ゼロ・グラビティ』は、映画館で体感する映画

»

話題の映画『ゼロ・グラビティ』を観てきました。あまりに素晴らしく、衝撃的だった『パンズ・ラビンリンス』を製作したアルフォンソ・キュアロンの監督作品ということで、ものすごく期待してしまっていたので、個人的にはちょっとがっかりでした。ただ、凝った映像と音響は、映画館で体感すべきだと思います。

<良かった点>
・3Dの映像は、凝っています。宇宙ゴミがシャトルに激突するシーンは、迫力満点で思わず体を避けてしまうほどでした。
・主人公の宇宙ヘルメット越しに見る地球や宇宙のアングルが、まるで観客も宇宙空間を浮遊しているような感覚でした。
・音響がすごいです。3D映像よりも、音響に圧倒されました。これは、音響施設のいい映画館で見るべきです。宇宙空間の不気味なほどの静寂とアクション・シーンの大迫力の音響のギャップは、自宅では絶対に再現できないですね。映像よりも音を体感する映画だと思いました。

<残念だった点>
・宇宙空間に取り残されるという限られた設定だったので、予想以上の展開は何1つなかった点。意表をつかれる展開は全くなかったです。
・『パンズ・ラビリンス』のように度肝抜かれる衝撃的な結末でなかった点。9.11以降、アメリカ映画は、愛と勇気を重んじる結末が多く、残酷で胸に突き刺さる衝撃的な結末は少なくなりましたね。ハリウッドは、商業的にも成功しなければならないので、仕方が無いかもしれません。

まあ、映画は好みがありますしね。迫力ある映画ですので、観るならなるべくスクリーンが大きく音響施設の整った映画館での鑑賞をおすすめします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する