オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

007 スカイフォールを観て来ました!

»

待ちに待った「007 スカイフォール」を初日に観てきました。007映画化50周年記念のこの作品は、ファンなら思わずニンマリとしてしまうシーンが散りばめられています。ああ、話したいけど、これから観る方のために我慢しますよー。

今回もオープニングからド迫力アクションが展開されます。これは、ちょっと「ボーン・アイデンティティー」シリーズにかなり影響されてか、最近この手のアクション映画が、CGではなく昔ながらのスタントが復活して嬉しい限りですねえ。このオープニング・シーンだけで、もう手に汗握ります。

そして、主題歌は、アデル。こちらも今旬なシンガーをおさえていますね。

スカイフォールスカイフォール
アデル

ホステス 2012-11-21
売り上げランキング : 260

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

監督は、「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデスだけに、ユーモアの中にやっぱり残虐性と重たい人間ドラマが横たわります。ダニエル・クレイグになってから、結構重々しい雰囲気はありますねえ。何やら秘めた冷たい007の過去がだんだんと明かされて行く感じですね。

悪役は、性格俳優のハビエル・バルデム。「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスばりに怖いです。一方、ボンド・ガールは活躍が少なかったですねえ。あまり魅力的でも無かったし。実は今回のボンド・ガールは、ジュディ・デンチじゃないかしら。ガールじゃないですけど・・・。

まあクレイグのボンド一作目の「カジノ・ロワイヤル」を超えるまでは行きませんが、文句なく楽しめる作品になっています。早く次の作品を観たいです。もちろん、ダニエル・クレイグで。惚れてしまうほどかっこいいです。スーツは、前作から変わらず今回もトム・フォード、ボンドは、やっぱりスーツですよね。

現在、なりきりボンドキャンペーンが展開中です。僕もやってみました。(笑)
http://narikiri-bond-pia.jp/
20121201204018

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する