オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

ミニチュアセットで巨人体験!まるでテーマパーク 館長 庵野秀明 特撮博物館

»

ずっと行きたいと思っていた美術展に行ってきました。夏休み中は、大混雑で入場券を買うまでに長蛇の列ということだったので、9月になり落ちついたかなということで平日に出かけてきました。それでも最初の展示室は、混んでいましたね。あと、平日は修学旅行生が結構いるんですね。

CGは好きではないのですが、昔の特撮は大好きでして、グラフィックソフトなどに頼らない手描きのデザインの美しさに惚れ惚れします。子供の頃に夢中になって未来世界を想像させてくれた小松崎茂のイラストは、いつみてもワクワクします。そして、ウルトラマンをデザインした成田亨。六本木ヒルズの展覧会でも感激しましたが、彼のデザインは本当に素晴らしいですね。単に子供向けの特撮テレビドラマという枠を超え、美術品だと思いました。この頃のヒーロー特撮ものは、飛行機や車のデザインもかっこよかったですね。
いろんなヒーローの生首(笑)も展示されていましたが、個人的に涙ちょちょぎれましたのが、「トリプルファイター」、懐かしかったです。
様々な展示を見ながら進んで行くと、次は映像のコーナーです。この展覧会のために制作された「巨神兵東京に現わる」で最新技術を駆使した映像を体験します。
続く展示は、特撮美術倉庫。映画スタジオの美術倉庫が再現され、戦後昭和の特撮映画で活躍した様々な小道具、大道具が陳列されています。
そして最後に用意されているのは、映像コーナーで観た映画の撮影に使われたミニュチュアセット。このコーナーだけ撮影可で、かつセットの中に入っていくことができます。
Cimg8368
細部に渡って綿密に作られたミニュチュアセットは、ビルの看板の文字まで再現されています。これには、大人も子供も夢中になって写真撮影をしていました。
Img_0588

展示、映像、美術倉庫、ミニュチュアセットと順々にいろんな工夫がされた展示室をめぐるのは、まさにテーマパークのようでした。そして、テーマパークのお約束、出口の所にはお土産ショップが。プラモデル、キャラクター・グッズ、書籍、玩具など本当にたくさん売ってました。
買いませんでしたが、気になったのが、「ウルトラセブン」の有名な場面を模したフォトフレーム。ちょっとそそられましたねえ。アマゾンでも売っているみたいなので、やっぱり買っちゃいましょうかねえ。(笑)

名場面フォトフレーム メトロン星人の説得名場面フォトフレーム メトロン星人の説得

ベネリック
売り上げランキング : 76963

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

館長 庵野秀明 特撮博物館 展は、10月8日まで東京現代美術館で開催中です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する