オルタナティブ・ブログ > 塞翁が厩火事 >

ITが無いと生きていけないのに、アナログな日々

ショーウィンドウの中に映る広瀬正の世界

»

休日に何気なく銀座のショーウィンドウの写真を撮っていました。夜の底の銀座のネオンはとても奇麗です。
Cimg7653
撮影している時は、あまり気にもせず、ちょっぴり幻想的に写せたなあくらいに思っていました。
家に戻って写真を見てみると、ショーウィンドウのガラスの中に左右反対になった銀座の街が映っていました。そこでふと、広瀬正の小説『鏡の国のアリス』を思い出しました。中学生くらいの頃ですかねえ。広瀬正のSF小説を夢中になって読みました。映画が好きで子供の頃から銀座でよく映画を観ていましたが、『鏡の国のアリス』には、まさに左右反転した銀座の世界が登場します。ある日、全てのものが左右反対の別世界へ迷い込んでしまう男の話ですが、完璧なまでに反対に描写された銀座の姿に、子供ながらに感心したのを覚えています。最後のどんでん返しも洒落ていて素敵な小説でした。何気ないふとした出来事で子供の頃のことを思い出し、左右反対の世界へ迷いこんでみたいという好奇心もちらっとわきました。

鏡の国のアリス 広瀬正・小説全集・4 (広瀬正・小説全集) (集英社文庫)鏡の国のアリス 広瀬正・小説全集・4 (広瀬正・小説全集) (集英社文庫)
広瀬 正

集英社 2008-10-17
売り上げランキング : 124624

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


広瀬正の作品は数が少ないですが、最も興奮したのは『マイナス・ゼロ』です。今でもタイムトラベルものの日本のSF小説の金字塔だと思います。驚くほどの想像力と奇想天外なストーリーに圧倒されました。感性豊かな少年少女にお薦めしたい一冊です。

マイナス・ゼロ 広瀬正・小説全集・1 (広瀬正・小説全集) (集英社文庫)マイナス・ゼロ 広瀬正・小説全集・1 (広瀬正・小説全集) (集英社文庫)
広瀬 正

集英社 2008-07-18
売り上げランキング : 25798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する