オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

米MSによるリンクトイン買収の成否

»

linkedin.jpg報じられた米マイクロソフトによるリンクトイン買収の行方が注目されています。
262億ドル(約2兆8000億円)という金額にも今の時代を感じます。

マイクロソフトのようなエクセレントカンパニーがSNS業態を営む社歴の浅いリンクトインのような新興企業に対して、提示する金額の大きさにあらためて驚いているのです。フェイスブックがWhatsApp(ワッツアップ)を買収した時もそうでした。

ところで今回の買収の成否の見通しはどうなるのでしょうか?

確かにマイクロソフトにとって、全世界で4億人以上の会員を持つリンクトインは魅力的に映ったはずです。ただし会員数の増加には陰りが見えていますが。

それはさて置いても、いまだにOfficeに収益を依存するビジネスモデルから早く脱却したい思惑が見えてきます。もちろん、クラウド事業には十分に力を入れてきていますが。

いずれにしても、成否を占う判断材料として私はマイクロソフトにとってのシナジー効果の大きさが重要だと考えています。Office365によって法人顧客の開拓は以前よりは進んでいるとは言え、リンクトインの会員の特徴であるビジネスパーソンをいかに取り込むか、に焦点は行くはずです。

同じSNSでもリンクトインにはフェイスブックなどには無い特徴が十分あります。
ただし、伝統的にマイクロソフトは祖業でもあるパソコン内で使われるソフトウェアに強い企業であり、SNSという畑違いの事業にどこまで親和性を持って取り組めるのかが、私にとってはどうしても確信を持てないところなのです。





Comment(0)

コメント

コメントを投稿する