オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

世界の人口 国別ランキングについて

»

city.jpg昨日、子供に突然聞かれて、自信を持って答えたつもりが間違っていた雑学で、「世界の人口 国別ランキング」がありました。

筆者は、自信を持って、以下のように答えたつもりが、後で自分だけで答え合わせをしたら間違っていたのです。

  1. 中国
  2. インド
  3. 米国
  4. インドネシア
  5. ブラジル
  6. パキスタン
  7. バングラデシュ
  8. ナイジェリア
  9. ロシア
  10. 日本

以上のように即答をしたのですが、1点だけ間違っていました。
7位のバングラデシュと、8位のナイジェリアが逆だったのです。
いつの間にか両国の順位は逆転したのでしょうか?
現在の両国の人口の差は、約1500万人くらいですがずっとバングラデシュの方がナイジェリアより人口が多いものだと思い込んでいました。

6位パキスタン、7位バングラデシュ、といった具合にインドを間に挟んだ両国をワンセットで順位を記憶していたという訳です。

同時に考えたのは、アフリカの雄であるナイジェリアはいつの間にかここまで人口を増やしてきたのか、という驚きです。

さすがはアジアの次は「アフリカ」と言われているくらいに、人口増が著しい大陸だと思いました。

いずれにしても、子供に間違った知識を植え付けてはいけない、と反省したのでした。




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する