オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

未完成なブログも、コメントで完成していく?いまどきの働き方に関する意見

»

先日、当方のブログで「正社員で働きながらの副業、起業、自己実現が増えてきた気がする」というエントリをアップしました。

これは、なんとなく感じたことを「兼業する側の人の立場」で書いただけだったのですが、結果として複数の方(会社経営者、役員)など、「社員をマネジメントする立場」の方からコメントをいただいたことで、私が書いたのとはまた異なる視点でこの事実を見て、じっくりと考えられるようになった気がします。

確かに、残業代やボーナス出せないから副業を、と会社が言ってしまうと、小俣さんが書いているように、社員のパワーがそちらに拡散してしまう可能性はありますよね。そう考えると、大木さんの書いているように、会社が奨励するものじゃないという考えもでてきそうです。

そして新野さんが書いたように「会社が社員の成長やキャリアに責任を持てない」時代になっているからこそ、社外で活動する(出て行く)人も増えているので、会社が「ここで働きたい」と思わせる魅力的な環境づくりするのが管理職の仕事じゃないかという話も確かに一理ありますね。

中途半端だったブログが、ついたコメントによってだんだん完成度が増していくというか、意味のある文章になっていく気がして、ブログってコメントも含めて1つのエントリになるのだなと感じさせられた出来事でした。

余談ですが、大学生(慶応、早稲田)に調査したところ9割以上が日本企業で長期勤務できるところを希望し、外資系希望者は1割に満たなかったという内容が先日新聞に掲載されていました。

一時期は起業が流行り、華やかにマスコミをにぎわせるベンチャー企業が注目されたり、また給料が高い外資系も注目されたように思うのですが、圧倒的に「正社員」「安定」(そしてその中で、お給料とか生活の基盤は確保したうえで自己実現をする、という流れかもしれませんね)が重視されているようですね。

P.S>ご指摘いただいた誤字を修正いたしました(20時07分)

Comment(2)

コメント

ブログに関して、おもしろい視点ですね。ありがとうございます。

学生の就職先は、本当に安定目指している気がします。
沖縄の学生の90%以上は、以前から公務員指向が強いと聞いています。あまり安定を目指すあまりに、就職難(アンバランス)にならないように、と懸念しますね。
外資のすべてが、不安定というわけでもないですもんね。

加藤 恭子さま

いつも拝読させて頂いております。

「正社員で働きながらの副業、起業、自己実現が増えてきた気がする」

について、コメントしようかと思ったものの、当方も経営者ということで、偏りそうかなぁと思って躊躇したままでした。

私的には、類似競合ワークでなければ、生活防衛や自己実現といった何れの理由であっても、構わないと思う反面、副業でのトラブルなどによる正業への影響は、多大な懸念事項でもあります。


また、本日のブログですが、大学生で当社のインターンをしている学生や、その他のコミュニティにいる学生から就活相談を受けたり、なんらかのアドバイスを与える機会も少なからずあり、

・外資は行きたいけど、入るのが難しい
 = はなから、あきらめている派

・海外勤務はしたくない、と勝手に海外にいくことを前提としている派
(海外勤務したいけど、外資に入ると、海外勤務はなかなかチャンスが無いという人もいますが)

・英語が得意じゃないからと、言語力に対するイメージが強い派

いろいろな学生がいますが、慶應生だけでみると、10%しかという感じはなく、本当は外資系に入ってみたいという話があるのでは?と思います。(学部によっても違うかと思いますが。)

一方、大学に残留して、起業してみようという子も、結構いるので、経済的猶予も影響があるかと思いますが、、、モラトリアム志向かなぁとか。

イザ就活、となると、ライブドア事件以降に冷え込み、この不況でもう一段、ベンチャーに勤務するよりは、安定志向となったことは、間違いない気がします。

コメントを投稿する