オルタナティブ・ブログ > やまもとりずも >

やまもと一緒にトピックの未来を探しに行こう!

「江南スタイル」のパロディー動画をまとめてみた

»

日本ではYouTubeの再生回数をコリエイトしていたとネットの右側で有名な韓国人ラッパーPSY(サイ)の「江南スタイル(カンナムスタイル)」ですが、日本での知名度の低さとは対照的に、世界ではかなりのブームになった曲という事実があったりします。

僕はよく家で在日米軍向けラジオ放送「AFN(American Forces Network)」を聞いているのですが(英語が全く分からないので、誰かが喋っててもBGMのごとく聞き流せるのでちょうどいいんです)、1日に聞かない日はないと言っても過言ではないほど流れています。とりあえず、まだ聞いたこともPVを見たこともないという方は、いったん再生回数の件は忘れてPVを見てみてください。

アンタッチャブルのザキヤマさんにタモさんのサングラスを掛けさせたような、小太りのおっさんが韓国語で歌いながら変な踊りを踊るという内容ですが、これがどうして飽きないPVの作りだったり、適度に耳に残るフレーズだったりと、世界で流行っても不思議ではない面白い曲です。

ちなみに、PSYはバークリー音楽大学で音楽を学んだそうで、Wikiを見る限りいろいろ問題も起こしているのですが、番組の出演映像やライブ映像の振る舞いを見てみるとポッと出の一発屋という感じではなさそうです(韓国国内でどう見られているかは実際のところ分かりませんが)。

Wikiには「アメリカのBillboard Hot 100の2位、オーストラリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、英国の10カ国の公式チャートで1位となった」とも書かれているのですが、本当に世界でブームになっているのか!? どうせステマなんだろ!? というのが気になるとことです。

世界でブームになっている証拠になるか分かりませんが、江南スタイルのパロディー動画がYouTubeにいっぱいアップされているので紹介していきます。まずは大学編ということで、MITの学生が作った動画から。素人っぽいチープな感じは否めないですが、見所は3:20あたり。なんと言語学者として有名なノーム・チョムスキー氏がゲスト出演しているのです。


イギリスの名門イートン・カレッジでは「Eton Style」というパロディー動画が作られています。こちらは全編で替え歌になっており学生生活をメロディーにうまく乗せているようです(前述の通り英語わからないので予想ですが)。


かなり楽しそうなのがオレゴン大学のフットボールチームのマスコットキャラクターが主演を務める動画。チアリーダーが出てきたりノリノリの学生が湖? に飛び込んだり、3本の中で一番のオススメです。


次はアメリカの大統領選で登場した「ロムニースタイル」というパロディー動画。中身を簡単に説明すると、「お金持ちの俺すげーだろ投票してくれよ!」という感じです。さすがアメリカ。


セブ島では、スリラーアルゴリズム体操の受刑者ダンスで有名な受刑者たちが、やっぱり踊っていました。


もっと大人数なのは、イタリアで行われた江南スタイルのフラッシュモブ。2万人が集まって江南スタイルを踊ったとか踊ってないとか。映像を見る限りかなりの人が集まっていたのは事実なようです。動画見てさすがに「気持ち悪っ」と思ってしまったのは秘密です。


完成度すげー! と思ったのがMinecraftでパロったその名も「Minecraft Style」。なぜか馬が豚になっていたりしますが、細部にわたって再現されていて必見です。


人間だけでなくロボットも踊ってます。こちらはバージニア工科大学で開発中の「CHARLI」という人型ロボ。なかなかどうして、いいリズムです。ここはひとつ、ASIMOさんにも踊ってもらいたいところです。


あと受刑者たちもそうですが、あの怒りっぽい人もちゃっかりドイツ語で参加してました。敬礼の使い方が秀逸です。


面白いパロディー動画はまだまだありますが、ほかにも、ぐずってた赤ちゃんが江南スタイルが流れた途端に静かになってご飯を食べる動画なんてのもあります。


「オッパガンナムスタイル♪」と器用に歌うオウムさんも、なかなか可愛いです。


ここまで話題が先行してしまうと今世紀最大の一発屋になる気がしないでもないPSYですが、マドンナのステージで共演を果たしていたりします。一発屋で終わっても悔いはないでしょうね。きっと。


ちなみに、日本人が関わってそうな動画はなさそうでした(フジテレビさんがめちゃイケとかで嬉々としてやってそうだけど、テレビ見ないのでわかりません)。別に「江南スタイル」が日本で流行るか流行らないかはどうでもいいんですが、世界が盛り上がる中で日本人だけそのことを知らないという状況が本当に健全なのかなあと疑問だったりするわけです。タイムには「'Gangnam Style': Is Japan Immune to PSY Mania?」という記事が掲載されています。竹島問題が起こらなければ状況は違っていたのかもしれないですね。

とは言え、"韓国と日本"という狭い視点ではなく、地球をぐるっと見たときどう振る舞うかという視点がもっと必要なんじゃないかと考えさせられる曲でもありました。ほらほら、「new york style」では扇子が出てきたり剣道が出てきたり居酒屋が出てきたり、日本文化がごっちゃになっておかしなことになってますよっと。


あ、でも自分もやってみたいなと思った方がもしいたら、理解が得られていない職場で撮影して解雇されてしまったなんて話もありますので、十分にお気をつけくださいまし。

PSY「江南スタイル」のパロディー映像で14人が解雇される"馬ダンスを踊っただけなのに"


【追記】日本人が関わっている動画を見つけたので、貼っておきますね。その名も「GUNDUM.STYLE ガンダムスタイル」。うん、そうなるよね。やっぱ。ザビ家!の掛け声が好きですw

Comment(2)

コメント

sawa

>日本で流行るか流行らないかはどうでもいいんですが、世界が盛り上がる中で>日本人だけそのことを知らないという状況が本当に健全なのかなあと疑問だ>ったりするわけです

同感ですね。ちょっと閉じすぎなんじゃないかと思います。
他のKーpop勢がどれだけ海外受けしているのかはわかりませんが、江南スタイルが世界的に受けているのは確かでしょう。

赤ちゃんの動画ツボでしたw

コメントを投稿する