オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

Twitter銀河成長中

»

 以前に紹介した"Social Media Conversation Prism”の作者のBrian Solis氏とJesse Thomas氏が新しい図を書いていた。Twitterverseというこの図は、Twitterを中心に関連サービスを配置したもの。まさに今話題沸騰中のTwitter銀河が成長を続けているのが良くわかる。

Twitterverse

 渦の中心はもちろんTwitterだけどそこから「検索」「相手関係管理」「コミュニケーション管理」「URL短縮」「モバイル」「イベント」「位置情報」「ストリーム管理」「トレンド分析」「マーケティング/広告」「クチコミ伝播」「ネットワーク分析」という腕が伸びていてその上に関連サービスがマッピングされている。

 しかしあちらと日本ではTwitterもまた若干異なる使われ方で発展をしているように感じる。Twitterverseの日本版があったらこれとはちょっと違った図になる気がする。
 例えばふぁぼったーあたりはもっと幅を利かせてひとつの腕になりそうだし、一日中いろいろと呟いている沢山の面白bot達(参考:botのまとめはこことかここにある)もどこかにまとめて載るのだろう。あと一時期爆発的に流行ったいめったーなんてのも新しい分類になるのではないかと思う。

 誰か書いてくれないかな。私にもしいつか時間が出来たら描いてみるのだけど。ちなみに日本版のSocial Media Conversation Prismはここ

===当ブログ過去の関連記事

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する