オルタナティブ・ブログ > ひらめきと発想のショールーム >

瞬時のひらめきと気づきの発想とがデザインするNewマーケティングヒント集

小6女児行方不明──きっかけはインターネット

»

17年11月の警察庁の調査によると、携帯電話やパソコンからインターネットを使っている子どもの62.1%が「家庭でのルールは何も決めていない」と回答し、保護者の49.2%が「自由に使わせている」と回答しているとのこと。
そして、出会い系サイト事件の被害者(昨年)のうち、18歳未満が83%という現実が。

子どもたちにとって、電源を入れれば繋がるインターネットは、受話器を上げれば話せる電話や、リモコン操作一つで見られるテレビと同じように身近な道具となっているのに、「これがマウスです、これがディスプレイです」 から始まり 「インターネットの仕組みとは」 というような “パソコンの仕組み” しか教えてもらえない学校でのパソコン指導。
電話を使うために 「ベルの発明した電話は‥‥」 から解く人などいないのに!です。(苦笑)

21日・22日の土日、島根県松江&浜田で 『インターネット護身術』 の講演 (←ご報告はまた後日) をしていたさなか、長野県小諸市では小学校6年生の少女が行方不明になっていました。
子どもが犠牲になる事件も多い中、24日深夜、少女が無事保護されたとの報道に多くの人が安堵したと思います。
翌日、行方不明のきっかけが 「インターネットのメル友募集出会い系サイト」 だったことが判明。
テレビはこぞってインターネットリテラシー教育の急務を訴え、家庭でもルールを決めるべきだと報じました。

ところが、日ハムの優勝&SHINJO引退、雅子様久々のご公務ほか、さまざまなニュースソースは日々後をたたず (当たり前!/笑)、あんなに騒いでいたネットリテラシーの話はどこへ行ったの?という印象です。

ニュースを見ながら親子で会話されたご家庭、子どもたちと話し合った学校、どれくらいあるでしょうか。

相変わらず、「高○ですが」 「エッチな話のできる子がいいな」 といった “小学生じゃない” ことを正直に伝えている人の書き込みも山ほどあるメル友募集サイトの小学生コーナーには、子どもたちの書き込みがひっきりなしに飛び込んできています。(T_T)

月刊小学六年生10月号では、『インターネット&携帯電話デビューガイド』 という特集がありますが、そのサブタイトルは【つながるコミュニケーション】。
そう、いつでも、どこからでも、誰にでもつながってしまうのがインターネットです。

情報過多な時代だけに、何が危険なのか、どう身を守るべきかを教わっていない子どもたちに “リビングルームの目の届くところにあるから” とパソコンを開放するのは、外の面白さだけを知っている子どもたちに信号の見方や外を歩くときの危険などを教えないまま外出させるようなもの。
たとえ目の届くところにあっても、パソコンやケータイは 『パーソナルメディア』 なんですよ。

事件や犯罪が起こるたびに、ほんの数日間だけは大騒ぎし、すぐに終息してしまうようなやり方は、そろそろやめにしませんか。
パソコンやケータイの向こう側にいる知らない人たちのことを一緒に考えようともせず、とてつもなく強固なフィルターをかけて勝手に安心し (何に安心?説明しないで済むから??)、安全だと思おうとするのはもうおしまいにしましょうよ。

今の子どもたちが活躍する頃には、ITを利用しないでも何とかなる時代は終わっています。
正しいインターネットリテラシーを学ばせてあげたり、一緒に考えてあげたりしなければいけない、今が “その時” なんです。

ITカンパニーの社会貢献でもいいかもしれません、自治体の取り組みでもいいかもしれません、何でもいいですから「これからの子どもたちを守り育てる方法」を考えましょう!
こういうことこそが、次世代育成のひとつなのだと思うんですが。

Comment(4)

コメント

今回の事件の教訓が、次に活かせればいいと思うのですが、きっと"家は大丈夫"で風化してしまいそうな感があります。
丁度3年前、宮崎で行われたITメーカーのユーザーコンファレンスで、子どもとネットの安全についてのセッションを行ったときの事を思い出しました。その当時(というよりさらに数年前に遡っても)、既にアメリカでは小学生レベルでも、WEBの掲示板やチャットを通じて子どもが深刻な事件に巻き込まれるケースが比較的多く起こっていて、その頃日本ではほんの一握りの人達が警鐘を鳴らしていたにすぎなかった様に記憶しています。ネットの安全性に関するワークショップを行っても、参加者がいなかったこともあります。
アメリカでは現在PCや電話のネット接続ではなく、携帯ゲームによる接続による安全の問題が取りざたされています。
尾花さんのおっしゃる、

>パソコンやケータイの向こう側にいる知らない人たちのことを一緒に考えようともせず、とてつもなく強固なフィルターをかけて勝手に安心し (何に安心?説明しないで済むから??)、安全だと思おうとするのはもうおしまいにしましょうよ。

この事は、次の被害者を出さないためにも多くの人が認識して貰いたいと思います。

私は、ここ暫くITリテラシー普及の分野から少し離れた所にいたのですが、社の社会貢献として子どもとネットの安全の取り組みとして、改めて活動していきたいと思います。

佐々木さん、「そのとおり!」と言いたくなるコメント、ありがとうございました。
振り返ってみると、10年前に子ども向けインターネットレッスンソフトをディレクションした頃から、もっとリアルなコミュニケーションを!大人も一緒に!とメッセージを発信し続けていた気がします。
当時未就学児だった二人の子どもはもう中学生となりましたが、その間のネットの発達と共に “生の子どもたちの現状” を一つ一つ体験してきました。
ですから、こんなにリアルで旬な事例を山ほどお話しできる人間はいない!と自負していますが。(^^)
CCIHでは、会社として取り組めるのですね、素晴らしいです!
人を殺めてしまうと危惧されている刃物ですが、それがなければ食事も作れないしビルも建てられません。
インターネットも、“人 (自分も他人も)” の役に立つ使い方ができる大人になれるようにしてあげる義務が、大人にはあると思います。
ぜひ、一緒に取り組んで行きましょう♪

今度のenc講演(e-NetCaravan)、主催者さん某小学校PTAの方から『長野の小学生の事件をきっかけに...e-ネット安心講座を...』とご連絡戴き、んっ!どんな事件があったのかナ?と検索していたらこのサイトに辿り着きました♪(その関係の講演師(ボランティア)でありながらお恥ずかしい限りで(冷汗); ついでに貴女のプロフィール拝見しました。私は未だ関連子会社に籍をおいてボケ防止のため(爆)に社外活動にも目を向けております。

e坊さん、コメント&トラックバックありがとうございます!
encをお手伝いされているのですね?
私は、encやマルチメディア振興センターのみなさまとは、I社在籍時からいろいろやり取りをさせていただいているのですが、社内も含め、どこかでお目にかかっていないのかなぁ~。(^^)
encの講演は決められたスタイルで進められているので、その時々のリアルな子どもの実例を織り込みながらコミュニケーション・トーク形式で進めていく私は、情報交換をさせていただきながらも、別活動をさせていただいています。
来週も、ICT埼玉地域セミナーで講演をさせていただきますが、encの活動報告もプログラムの一つです。
いつかご一緒できるといいですね♪

コメントを投稿する