オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

スマートフォン市場(4Q'11)~iOSの躍進~

»

Gartnerから4Q'11のスマートフォンOSシェアが発表されました。 スマートフォンOSシェアをグラフ化してみました。

■スマートフォンOSシェア(1Q'09 - 4Q'11)

■スマートフォンOSシェア(2007 - 2011)

(出展:Gartner)

2007年にはSymbianがほとんどシェアを握っていたのですが、現在Androidにとって替わられました。また、RIMは出荷台数こそ微減ですが、シェア低下が止まりません。CEO交代したように対策が必要であることが分かります。

iPhone 4Sの勢いがすごすぎてちょっと驚きますが、Appleの年に1回のリリースをする限りは、このようなシェアの増減が行われるでしょう。

2011年のスマートフォン出荷台数が4.72億台でした。PCは3.53億台でしたので2011年には両者が逆転しました。2010年がPCが3.49億台、スマートフォンが2.97億台でしたので、成長率の差は顕著です。

ついでに前回に2011年のスマートフォン出荷台数を"46,700万台が下限で48,000~50,000万台"と予想していましたが、下限よりちょい上でした(ある意味外れた)。

2010年秋に書いた"スマートフォンの出荷台数はいつPCを抜くのか"において2011年にスマートフォンがPCを抜くと予想したのが当たりました。ただし、四半期の逆転は2Q'11と書きましたが、4Q'10でした。私の予想よりもスマートフォンの出荷台数が伸び、且つPCの成長率が低下しました。

スマートフォンの躍進はAndroidとiOSです。スマートフォンとPCの出荷台数ばかり比較していますが、AndroidとiOS(スマートフォンとメディアタブレットも)の出荷台数も比較してみます。ただしAndroidタブレットだけは現在正しい情報が出ていないため、予想値を使っています。たぶん今出ている数字よりも500万台前後は増えると思われます。数字は全て万台です。

■出荷台数

Year Android
(Smartphone)
Android
(Tablet)
iPhone iPad PC Mac
2007 0 0 371 0 26,802 776
2008 64 0 790 0 30,156 992
2009 679 0 2,489 0 30,626 1,123
2010 6,722 251 4,660 1,479 34,899 1,443
2011 21,944 1,102 8,926 4,049 35,342 1,780

■出荷台数(修正)

Year Android
(合計)
iOS
(合計)
PC - Mac
2007 0 371 26,026
2008 64 790 29,164
2009 679 2,489 29,503
2010 6,973 6,139 33,456
2011 23,046 12,975 33,562

2007年にはAndroidは0で、iOSも非常に小さい存在でしたが、現在PCを脅かす台数になっています。iPod touchもカウントしていなかったり、スマートフォンでないAndroidもカウントしていないため、両者はもう少し多い出荷台数だと思われます(iOSは正確な数字は出るかも知れませんが、Androidは実質難しい気がします)。

Androidの伸びを見ていると2012年には2011年の1.5~2倍の可能性があります。PCはWindows 8の登場で伸びる可能性がありますが、最高で4億台、悪ければ2011年と同じ程度でしょう。

このため、2012年にはAndroidプラットフォームがPC(Windows)を抜く可能性があると思っています。70%以上の確率で。

iOSもうまくいけば2億台の大台の突破の可能性もあります。噂ですが、横長のiPhoneや8インチiPadが出てくれば2億台の数字もやすやすと超えるかも知れません。

MicrosoftがWindows on ARM(WOA)でメディアタブレットに対抗しようとしていますが、伸びを考えるとWindowsが開発の最優先プラットフォームでなくなりそうな感じします。

Androidが今後はメディアタブレットで革新的な製品、クラムシェル型(今も出ていますが)、Windowsのデュアルブート版をだすとかの話も出ているため、出荷台数の伸びは予想を超える可能性は十分にあります。

スマートフォンがPCの出荷台数を2011年に超えました。これはエポックメーキングと言えることでしょう。ですが、2012年にはまた違ったターニングポイント(AndroidがWindowsを抜く)を向かえるのではないかと思われます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する