オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

”「ひと言で言えば…」と、新製品の特性をずばりと言い表す”ことの重要性~ソニーの歴史に学ぶ

»

 今ではマーケティングやお客様への提案において

「Value Proposition(他社に差別化できるお客様にとっての本当の価値)を明確にする」

ことの重要性を、現代のビジネスマンは十分に理解しているだろう。

 確かに、製品やサービスの良さは沢山あるのだが、

「あれもこれも出来てて、いいことがこんなに沢山あります」

では、結局何も出来ないことと同じようにお客様は感じてしまう。

「お客様の根本的で最も重要な問題を解決」

「自分たちだからこそ提供できる」

ものを明確に打ち出さなければなならないわけだ。

 私がそれを感じたのが、ソニーのプロモーションだった。私は30才前後のころ、日本企業や世界中のIT会社の歴史を沢山読んだが、ソニーとマイクロソフトに関する当時の本に、その重要性が書かれていた。

 最近、ひょうんなことで、SONYのホームページの「Sony History」でそれを見つけた。

第2部23章”「SONYブランド」の出発”

の中の

「第2話 インパクトのあるキャッチフレーズ」http://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-23.html#module2

に、ソニーのブランディングの原点が書かれていた。

 その後半に書かれている

”。「ひと言で言えば……」と、あるキーワードをつくり出して、新製品の特性をずばりと言い表すのがソニーの独特の手法だった。”

は、

まさにValue Propositionを中心にしたマーケティング手法である。

 当時、これを意識して行っていた日本企業はきわめて少ない。

 今の私たちでさえ、つい忘れがちなことだ。

 この

「Sony History」 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/index.html

 には、1996年までのソニーの歴史が書かれている。いろいろな意味で得るものが多いのでぜひ、呼んで欲しい。 ソニーの皆さん、可能ならこの続きも掲載していただけないだろうか。

 少し話はそれるが、同じページの第1話に

米ブロードウェイのタイムズスクウエアに掲げられた“SONY”のネオンサイン http://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-23.html#module0

の写真がある。

 この場所にSONYという日本企業のネオンが掲げられたのを見て、当時ニューヨークで働いていた日本の商社、銀行そしてライバルの電気メーカーなどのジャパニーズビジネスマンが大いに勇気づけられ、感動し涙したものも多かったそうだ。私もそれを聞いて感動した。

 そういう人を感動させられる仕事がしてみたいものである。 今ならチャンスは山ほどあるはずだ。

Comment(2)

コメント

morishee

「一言で言えば」のオリジナルは、「エレベータ・トーク」と言われているものですね。「エレベータに乗っている時に偶然出会った顧客やスポンサーに、自分の企画を30秒で売り込む」というもので、ベンチャーキャピタルが投資判断をする際にも重要視しているという話しを聞いたことがあります。

morisheeさん
 そういえば「エレベータ・トーク」がぴったりですね。いざ考え始めると、これが、なかなか難しいです。
 コメントありがとうございました。

コメントを投稿する