オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

日本のエグゼクティブは「ITは苦手」が自慢になる

»

 とあるコンピューターメーカーの40代の事業部長の自慢は「パソコンには疎くて」だ。 お客様のところに行っても平気で言う「自慢じゃないですがITはまったく駄目なんです。でも、この私が使えるんですから、、」。

 最近良く感じるのだが、日本のマネージャーは同様の発言をする人が多い。

 「携帯でメール打つなんて考えられませんよ。ビジネスに使うのはメール読むぐらいですね」と通信会社の本部長。

 「EXCELでピボット使うと便利ですよ。私は出来ませんがね」と某大手ソフトウエア会社の営業部長。(ピボットという言葉知ってのは凄いが)

 「私はブログは使ってませんが、御社のようなIT企業では、、、」と国産のブログ製品を出している40代のマネージャー。

 なぜか、実際はITを使える部長や本部長でも「いや、私はITは苦手なので、わかいやつらに」という。 私の知っている限り、大手SIベンダーの部長、本部長でもほとんどが口癖のように言うのだ。まるで、

偉くなるためにはITが使えることは悪であるかのように言うのである。 「ITを使いこなすのはオタクのやることだ。俺の本業はITではなくマネージャーだから」と言っているようにも聞こえる。

 先日、US(アメリカ)から来た、マーケティング系の女性に聞いてみると、むこう(USのエグゼクティブ)は、ITが使えないと”恥ずかしい”と本気で謝るそうだ。 「次回までにマスターしておきます」と付け加える。

日本ではエグゼクティブがセミナーで講演するときは側近が作るし、EXCELなども部下に任せるというと、とても驚いていた。 日本の企業でチャットが普及していないと聞いたけど、それが理解できた気がするそうだ。

 USでもお客様向けプレゼンのファイナライズ(レイアウトやフォント、言い回しの統一)は、スタッフがやるが、ドラフトは自分で作るし、経営やマネジメントのプロであるマネージャーやエグゼクティブが表計算でのシュミレーションや会議の為の資料作成を部下に任せていては、時間がかかってしょうがない、考えられない、というコメントだった。

 むこうでは比較的ITの苦手な人が多い食品製造業の役員でさえ、経営のプロとしてメール、表計算は自在に使える。

 実は、典型的な日本人の私は「IT苦手」という経営者、マネージャーはの感覚は理解できる。。 なんとなく人間味を感じてしまうのだ。 しかし、出来ないほうが上にあがれて、出来ないことを自慢するのはどうかと思うのである。

 皆様の会社の役員、部長はどうだろうか。ITは経営者、マネージャーの”プロとしての仕事道具”だと思うのだが、、、。

Comment(10)

コメント

同感ですね。


キャリアパス上、不得手になってしまったことは仕方ないにしても、堂々と言い訳している輩に会うと、ああ、その人をそのポジションに起用しているその企業も、たいしたことないな、と自然に感じてしまいます・・・

けんじろうさんのブログはピンポイント爆弾のように、ピタッとキー項目に当ててくるので、コメントもついつい過激になってしまいます。
 
IT 部門長が営業など他の部門から移ってくる場合もあるので、移動した当初なら猶予はあるでしょうが、IT 部門長になった以上、IT 技術を覚えるのは、当然です。勉強していない、する気のない人に教える必要はありません。キーワードだけ覚えて、それで理解したと思っている人も重傷ですね。
 
といいながらこういった方たちは、システム導入に関して、決定権を持ち、判断する立場にいるので、無視もできず。かねがね、日本の IT の現状は、ひとりだけ、あさっての方向に向かっていると感じていますが、こういった人たちが主原因なのかも、しれません。
 
明るい材料は、IT 部門長でもない、もっと上の立場の方々で、IT について深い理解を持っている人もいるので、そういった方に会うと安心します。

英語圏では1世紀前から英文タイプライターが普及しており、今の年配の方々も若い頃はそれで仕事されていますのである程度はキーボード慣れしているのだと思われます。
日本では戦後日本語ワープロが出始めましたが、それ自体が高級なものでしたので普及にかなりの時間を要しています。
PCが安く購入出来るようになったのはここ10年程前の事ですので、日本の年配の方々はまだまだキーボード慣れをしていないのだと思われます。
ですのでそれと比較してしまうのは少し酷な気がしますね。
比較的若い役職者の方はモバイル機器を使いこなしている方もいらっしゃいますので「日本の役職者は機械オンチ」ばかりではないと思いたいです。
(でもやはり日本の役職者は年配の方が多いので目立ってしまうのでしょうね…)

同感です。

「私は、ITに疎くて・・・」って言葉は、人間味を売りに出す狙いなのでしょうが、それを使いこなせてから、言うべきだと思っています。

僕の会社は50代の営業部長が2人いますが、1人はITをわりと使えて、もう1人は「疎くて・・・」タイプです。前者の方が、社内の信頼も厚いです。歳は関係なく、社会人である以上、ある程度は時代についていこう、という意志と努力は必要だと感じます。

NDOMINO-S

(冗談)
1990年代の私の脳内IBM製品ロードマップでは・・・・・。
「IBM製品音声ソフトViaVoice」+「チェス世界一人間に勝ったRS/6000ディープブルー」=「スーパボイスコンピューターHAL9000(2001年発売)」
となり日本のエグゼクティブが苦手なIT関連の仕事は全部HAL9000が電子秘書としてやってくれる予定でした・・・・・。
現在、2008年・・・・・・未だ出ませんね。

トラパパさん
 コメントありがとうございます。
 確かに、その企業の文化としてそうなのかな、と思ってしまいます。 その人を見て企業のブランドイメージを落とすこともあります。 もちろん素晴らしい人もいるのですが。

とおるさん
 お待ちしておりました。!(^^)!
 そう、IS部長とSI会社の営業部長に多いように感じています。と、あんまり書くと、私が訪問したときに、いろいろ言われそうですが、、。
 私も本当にトップにたっている人は、ITに関しても、自分なりに整理して、人の話も聞いて、整理し、租借しているので、逆にとても参考になると思わされることが多いです。
 コメントありがとうございました。

虫さん
>英文タイプライターが普及
 確かにその通りですね。 パソコンが世に普及し始めたときも、その問題が多いということで、メールの返答時に良く使う回答「了解」「ありがとう」などを選べるだけで返信できてしまうメールソフトなんかも出ていました。
 しかし、SI会社やIT会社のマネージャーは、ITで企業に貢献するという姿勢の一環として、少なくとも平気で「苦手」と言って逃げないで欲しくないと思います。 同じ業界の一員として。
コメントありがとうございました。

むとうさん
コメントありがとうございます。
>使いこなせてから、言うべきだと思っています。
そうですね。 まずは努力する姿勢、頑張って習得しようとする姿勢が大切ではないかと思います。

NDOMINO-Sさん
 電子秘書がその苦手なことをやってくれるのはうれしいですが、いざ、納品されたら介護ロボットだったりしたらいやだなあと思いました。 IBMは出さないだろうけど。
 コメントありがとうございました。

けんじろうさん お久しぶりですね!この頃一緒に仕事ができた無くて寂しいですよ!セミナとか大活躍してるようで、羨ましい!・・・所でITが使いこなせないのは残念です。意外と思われるかもしれませんが、うちの会社は結構使いこなしています。TOP自らPCを組み立てられる程度なので皆独自に努力して習得しているようです。良く観察してみると年代別にスキルが分かれているようですけどね。メール一つとっても全社メールを導入した90年代初頭だと操作方法しか教えられず、モラル教育も無く使っていたので当然かもしれません。この頃丸山はOPENOFFICEやIworksでお仕事が便利にならないかと使い始めました・・・

丸山さん
 コメントありがとうございます。
 丸山さんのところの方は、利用方法が板についていいる方が多くて感心させられます。
>お久しぶりですね!この頃一緒に仕事ができた無くて寂しいですよ!
>セミナとか大活躍してるようで、羨ましい!
 連休明けに丸山さんとのMeetingをセットするように言ってあります。 よろしくお願いします。
>丸山はOPENOFFICEやIworksでお仕事が便利にならないかと使い始めました・・・
 iWorksですか。 私は最近”弁当”に興味を持っています。 Notesのようなサイボウズデジエのような。
 休み明けにいろいろ話をしましょう。 よろしくお願いします。

コメントを投稿する