オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

オプトイン型SNS「Beehive」

»

 Lotusphere2008では、開発中のソフトウエアがいくつか公開されたていたが、その中にオプトイン型SNSソフトウエア「Beehive」(沢山のミツバチが巣に群がっている状態=活気のある場所)があったが、先週末に私も参加して利用し始めた。

 中でも興味深かったのは「Hive5s」というサービス(機能)だ。

 どんなトピックスでもいいので、それぞれが思いついた5行のリストを書き、それを見た人が意見を書いたり、そのリストを再利用して新たなリストを書くものである。

 シンプルでサクサクと利用できる5行のリストに簡単な説明とURL、写真などが添付して公開するだけだ。

 例えば、以下のようなものが出ている。

・仕事に集中できる5つの場所

・今までで最も良かった上司Best5

・今まで最も良くないと思った社員の行動

・かわいい猫BEST5

・トラブルプロジェクトにしない5つのチェックポイント

・Webサイトのセキュリティを簡単にチェックできる5つのフリーウエア

・今年最も役に立った営業ツール

・私が最も利用しているSNS(1.My blog, 2.Twitter3.Facebook4.Beehive5.Flickr)

・このシステムが嫌いな5つの理由

・最も効果があったと思う顧客満足向上施策

 さらに、アンケートにも使える。

・今年の社長方針に関する満足度 (1.非常に満足 2.満足 3.少し不満 4.非常に不満 5.見ていない)”

・総務サービスのワースト5

 日本でも同様のサービスがある。有名なのは*ListFreakだろう。また、はてなブックマークも利用の仕方としては似ている。

 「Beehive」世界で数千人のIBM社員が登録されているSNSであり、

My SpaceやFace Bookに似ている。 初めて使う私には操作性に難があるが、Facebookのように様々な社員がソーシャルネットワークで便利な機能を作ったり、カスタマイズしたり、外部の連携できるサービスを組み込んだりして成長していくので、日々変化する最新のSNS環境を感じることが出来る。

機能としては、以下を共有して、以下に関してディスカッション・情報共有できる。

・プロファイルの表示項目や表示レイアウトを自由に設定

・社員の自分の直接的なコネクションの表示、新入社員の紹介一覧表示、良くアクセスされている社員(タグ別も可)、fringeからのコネクションリストの取り込み

・写真の登録、自分・他人・良くアクセスされている社員の表示

・リストの登録、最新リスト表示、良くアクセスされているリスト表示、良く再利用されているリストの表示

・様々なイベントの表示

・このSNSに欲しい機能の登録とディスカッション、作成

これ以外にも様々なSNSが社内で開発・利用されているが、承認がとれたものを順次紹介したい。ちなみに、これが製品になるか、何かの製品の機能として組み込まれるか、オープンソースになるか、日の目を見ずに消えてしまうのかはわからない。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する