オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

堀江被告 実刑判決と経営者像 1

»

ホリエモンに2年6ヶ月の実刑判決が出た。 地裁の判決なので今後の行方を見守る必要があるが、一つの決着をみたことになる。

2年ぐらい前だろうか。 彼がマスコミで注目をされるようになったとき、私は

「”金儲けして何が悪い”の何が悪い。みんなお金をもうけるために働き、ビジネスをしているのでは」

「旧態依然とした野球界が、これで面白くなる」

「ちょっと政治家には向いていないけど、何か変えてくれるかも」

「放送会社の買収の何が悪い」

「平民でも、いつかはお金持ちになれる可能性を感じられる」

「新しい考えを持ってがんばっている堀江モンを、頑固な年寄りがいじめている」

と思っていた。

しかし、バブル崩壊を乗り切り、アジアの様々な国との競争の中で生き残ってきた日本の企業の経営者の話を聞き、語り合う中で”お金ではない、大人の男(女)のロマン”を本気で求めて経営している人が極めて多いことがわかってきた。

・世の中から尊敬されること

・何らかの形で世の、日本の役に立ちたい

・社長を引退後も継続して末永く生き残っていく企業文化・体質を創りたい

・会社に投資している株主への還元、社員の生活、会社の活動のために利益は不可欠であるが、お金が目的ではない

簡単に要約できないが、主にこのような考え(哲学)を強く持っているように感じられるた。 

そのような経営者と話するにつけ、「お金儲け」のために動く経営者への尊敬は薄れてきた。 

「顧客満足度の向上」という横断幕をフロアに貼ってあるのに会議では売上数字ばかりの議論をしている会社もまだまだあるのだろうが、そういう会社でも、そうなっている現実と戦う意思を持っている。

会社とは何か、株主とは、経営とは何かを考えさせられる判決だった。

堀江被告 実刑判決と経営者像 2へ

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Comment(6)

コメント

さやま

はじめまして。
ホリエモンを見ていて何か足らないとモヤモヤしたものをずっと抱え込んでいたのですが、「哲学」だったんですね…

確かに非常に場当たり的な買収・行動が多かったような気がします。
特に球団創設の時は完璧に楽天に出遅れていましたし。
(その後楽天も1年で監督や高卒の選手をクビにしたりして騒がれましたが。)

貧乏神

場当たり的云々というのは理解できなくもない。
でもライブドアの一件は、警察や司法がマスコミとの癒着を事実上認めたに等しい出来レースでした。マスコミに楯突く物は、たとえ誰であろうと政府の手によってムショ送りにされるという、どこかの独裁国家のような日本の暗部をさらけ出してくれました。
利益については、それを求めるのは経営者の「義務」です。利益を上げられない経営者は顧客や従業員から、その存在を否定されているのです。経営者が利益追求を「目的」にするのもどうかとは思わなくもないけれど、利益を上げられない経営者は無能で無価値であり、不要な存在です。

さやまさん
 経営哲学はとても重要だと思います。 会社がコンプライアンスを果たしていくために。 また、現社長がいなくなっても継続して成長するためには。
 ただ、ホリエモンが大切にしていた「スピード」と「既成概念への挑戦」は日本の企業や野球界に大きな影響を与えたと思っています。 多くの企業が「何のために会社を経営しているのか?」を自分に問い直すチャンスになりました。 また、日本の企業が自浄効果を発揮する膿を出すきっかけにもなったと思います。
 ぜひ、もう一段成長して、日本を代表する経営者の一人になってもらいたいと心から思います。

貧乏神さん
 日興が上場廃止にならなかったのに、ライブドアは容疑の時点で上場廃止になったのも理解できませんでしたし、裁判も法律が整備される前の事を、新しい基準(感覚)で裁いているように感じます。
 利益に関してはその通りでしょうね。 だれの視点から見た利益なのかが重要なのでしょう。 株式マーケットのみや経営者のみなど、目的に「のみ」が付くときに嫌悪感を感じてしまいます。

MURAKAMI

吉田さんの心の変化を見させていただきました。
私は5年ほど前までは、お金になることを見つけるのが仕事としては当たり前と思っていたのですが、その後本物を追求する、社会から必要とされる仕事をする、目先の利益ではなく長期的成功を目指す、などど考えが大きく変わってきました。
仮に大きな収入になろうとも、目先の利益に走っているところからの仕事は受けないという、本物の経営者の方々と数多く接する機会を得たことが大きな原因でした。
目からうろこが落ちて、仕事に取り組む姿勢に迷いがなくなってきました。
吉田さんの変化と共通点があると感じ、うれしく思います。

MURAKAMIさん
 コメントありがとうございます。 そう、今は、「本物」が重要な時代です。 経営者であれ、部長であれ、スペシャリストであれ「本物」「存在価値」が問われる時代でしょう。 私たちも「どの分野の本物なのか」「世界、日本、企業内での自分の存在価値」というものを常に考えて成長していきたいものです。

コメントを投稿する