オルタナティブ・ブログ > 開米のリアリスト思考室 >

「誰かが教えてくれることを信じるのではなく、自分で考えて行動する」ためには、矛盾だらけの「現実」をありのままに把握することから始めるリアリスト思考が欠かせません。「考える・書く力」の研修を手がける開米瑞浩が、現実の社会問題を相手にリアリスト思考を実践してゆくブログです。

原子力論考(27)発電用原子炉のプルトニウムで原爆は作れません

»
 原子力問題については、まったく事実無根の情報が一人歩きしているケースが多く、しかもそれを自信たっぷりに流布しているのがプロのジャーナリストという、影響力の強い人物だったりするので始末に困ります。

 この原子力論考シリーズではあまり細かなデマの訂正はいちいちしてきませんでしたが、あまりにもそういう「自信たっぷりに虚偽情報を流布するジャーナリスト」が目立つので、これからはミスリードに使われやすいネタは潰していくことにします。それも私の使命の1つであろうと思いますので。

 というわけで表題です。発電用原子炉のプルトニウムで原爆は作れません(*1,2)、という話。
 これを書こうと考えたのは、昨日、11月5日にあるジャーナリストがtwitter上でこんな発言をしていたからです。

「いま日本にある原発でウラン燃料が燃えた使用済み核燃料からプルトニウムが取れる」
「原子炉から出たプルトニウムでつくった原子爆弾が、長崎を1945年8月9日に破壊したファットマンである」
という事実はずっと日本で過小評価されている。

 誰がこの発言をしたかはここでは書きませんが、検索すればすぐ分かります。興味のある方は探してみて、その当人の関連発言を含めて一次ソースを検証してみてください。

 まあ本当のところは発言者が誰かというのは些細な問題です。こういう「原発の真の目的は原爆開発だ!」論は根強くあって、反原発論の1つの定番みたいなものです。昨日twitterで書いたジャーナリストに限らず、同じことを根拠に「だから原発はやめよう!」と主張する論者はいくらでもいます。ロジックとしてはこんな流れになるんですね。



 論点1から4まで順番に、推進側の主張への反論の材料として(X)(Y)(Z)(W)が出てくるわけです。

 今回のテーマは論点4に関する(W)の主張です。これは単純に事実誤認であり、科学的に成り立ちません。高速増殖炉への反対意見として(W)を持ち出すならまだわかりますが、日本で採用されている発電用軽水炉については(W)は完全なるデマです。

 この件についてはちゃんとこういうところで説明されてるんですけどねえ・・・
 ↓
原子力発電所のプルトニウムで核兵器がつくれるか (原子力教育支援情報提供サイト あとみん)

 こういった情報が広まれば、前述のようなデマに振り回される人も減るはずですから、当ブログでも書いておくことにしました。

 まずは原爆製造に関する基礎知識。原子爆弾の材料はウランとプルトニウムの2種類がありますが、ウラン型原爆を作るためには、天然ウラン中には0.7%しか含まれないウラン235を90%以上に濃縮する必要があります(*1,2)。このためには莫大なエネルギーと大きな施設が必要で、極秘に行うのは非常に困難です。
 原子力発電所に使われている「軽水炉用ウラン」の濃縮度は3~5%程度で、この濃度では核爆発は原理的に起こりようがありません。(にもかかわらず、福島第一の3号機で起こったのが「核爆発だった」というミスリードを誘うような発言をしていた学者もいましたが)。



 一方、プルトニウム型原爆の場合は、核分裂しにくいウラン238 (U238) に中性子を照射するとできるプルトニウム239 (Pu239) を使います。ところがこのPu239 は、さらに中性子照射を続けるとPu240(またはPu241, Pu242 など)に変わってしまいます(*2)。
 原爆材料に使えるのはPu239だけなので、239以外のプルトニウムが混じると分離しなければなりません。ウランとプルトニウムの分離であれば、化学的性質の違いを利用して簡単にできますが、プルトニウムの同位体どうしの分離となると、ウランの濃縮と同じ困難にぶつかる・・・というよりはウラン濃縮よりもさらに難しくなります(質量差が小さいため)。
 日本で発電に使われている軽水炉から生成される使用済み核燃料はこの「Pu240が多く混ざった状態」のプルトニウム(*2)なので、「原子力発電所からできるプルトニウムを使って原爆を作る」のは現実には不可能なんですね。
 (2012.1.3 追記:もっとも、正確に言うと、発電用軽水炉でも、運転期間を短縮して「Pu239→Pu240への反応が進んでいないうちに」核燃料を取り出して再処理すれば、原爆製造可能なレベルのプルトニウムが得られます。が、それは原発の経済性を大きく損ないますし、NPT条約による核物質量の管理体制下で監視をごまかして行うのはまず不可能。たとえそれが出来たとしても実際に原爆を製造して戦力化するためには、何度も核実験を行い、運搬手段を開発し、さらに核兵器の保持を前提とする安全保障戦略を組み立てなければならず、現下の国内外の政治状況を考えれば「パラレルワールドの超戦記物」みたいな話でしかありません)



 昨日の某ジャーナリストの発言をもう一度見てみましょう。

「いま日本にある原発でウラン燃料が燃えた使用済み核燃料からプルトニウムが取れる」
「原子炉から出たプルトニウムでつくった原子爆弾が、長崎を1945年8月9日に破壊したファットマンである」
という事実はずっと日本で過小評価されている。

 は、一言にまとめると「日本の原発の使用済み核燃料で原爆が作れる」という印象を与えますね。おそらくそれを狙って書かれたのでしょう。が、これは科学的に間違いであり、事実無根です。

   (1) 日本の原発の使用済み核燃料からプルトニウムが取れる
   (2) 長崎に落ちた原爆は原子炉から出たプルトニウムで作られたもの


 ↑という2点はそれぞれ事実ですが、これをつなぎ合わせたときにうける印象「原発の使用済み核燃料から原爆が作れる」というのは間違いです。

 なぜこういうことが起きるかというと、(1)(2)がそれぞれ、「嘘は言っていないけれど正確な事実も語っていない」という種類の情報だからです。(1)(2)をそれぞれ正確に言い直し、さらに関連情報を付け足すとこうなります。

 (1) 日本の原発で使われている軽水型原子炉の使用済み核燃料からはプルトニウムが取れるが、原爆に使用可能なプルトニウム239の比率は低い
 (2) 長崎に落ちた原爆は、黒鉛型原子炉から出た高純度のプルトニウム239で作られたものである
 (3) プルトニウム239をプルトニウム240その他の同位体から分離濃縮するのは、ウラン235の濃縮以上に困難である
 (4) ただし現在の軽水型原子炉でも、運転期間を短縮すれば高純度のPu239を取り出すことは技術的に可能だが、NPT条約体制をかいくぐって秘密に行い戦力化することは、技術的にも政治的にも不可能
 (第4項は 2012.1.3 追記)

 「嘘は言っていないけれど正確な事実も語っていない」情報の断片を継ぎ合わせて、ある種のミスリードを誘うのは、デマゴーグの使う典型的な手法。こういうものに振り回されないためには、正確な事実を把握する習慣が大事です。

 もちろん、「正確な事実」を把握するためにはそれなりの専門知識が必要なので、自分の専門外の領域については難しいですね。でも、自分では出来ないとしても、それをやっている誰かを見つけて判断の参考にすることはできます。

 人が情報を扱うときの基本姿勢というのはそう簡単には変わりません。自分の主張を広めるために、「嘘は言っていないが正確な事実も語っていない」断片を継ぎ合わせてミスリードを誘う手法を使う人間は、同じやり口を何度も何度も使うものです。だから、継続して見ていればわかります。

 ある人がそういうタイプなのかどうか? 事実に立脚して主張をするタイプか、それとも主張に都合の良い事実をつまみぐいするタイプなのかは、その人の主張の信頼性を左右する大きな要因です。自分では判断ができない分野については、代わりに「信頼が置ける誰か」を探しておきたいものです。原子力問題のように、国の盛衰を大きく左右する問題については特にそれが重要ですから。

【1】
核兵器用のプルトニウムと高濃縮ウランの原子炉への転用 (07-02-01-08)

【2】
プルトニウム核種の生成 (04-09-01-01)

【3】
混合酸化物(MOX)燃料とその軽水炉への利用 (04-09-02-03)
表2 核兵器級と原子炉級プルトニウム同位体重量比の例

【4】
濃縮ウラン (04-05-01-01)
ウラン濃縮法 (04-05-01-02)
原子炉型別ウラン燃料 (04-06-01-03)


■開米の原子力論考一覧ページを用意しました。
→原子力論考 一覧ページ
Comment(18)

コメント

Crypto

開米様

いつも楽しく拝見させていただいておりますが、初めてのコメントを書かせていただきます。

某ジャーナリストの話はミスリードを狙っているので論外なのですが、発電用原子炉で原爆用プルトニウムは作れます。

「使用済み燃料からのプルトニウム239の取り出す」ことはかなり難しいのは確かですが、「使用期間を調整してプルトニウム239が多く含まれる状態で取り出す」ことはかなり容易に可能です。

事実、開米様の提示されている「あとみん」でも、「原子力級のプルトニウムでは核爆弾を作ることが難しい」としていますが、その前には「兵器級のプルトニウムは原子炉を短期間だけ運転して作られる」とあるように、その差は主に運転期間の差です。「科学的事実」としては「発電用原子炉での兵器用プルトニウムの生成はできない」は間違っていることになります。開米氏のブログはとても論理的に展開されておられるので、隙があるともったいないと思いました。

ですので、このエントリに書かれている後半(1)~(3)には、(4)として次の物を追加されてはいかがでしょうか。

「(4)ただし、現存の原子炉で兵器級プルトニウムを作ることは技術的に十分可能である。そうならないように、第三者による厳正な監視、抑止が必要である」

もちろん、某記事のミスリードはパブリッシャーとして不誠実な物であることは間違いありません。その上での、ミスリードをふさぐための一つのコメントとしてご検討いただければと思います。

開米瑞浩

Cryptoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
うーんやっぱり書いておいた方がいいですかね、その話は。
その話は一応分かっていたので Pu239の製造工程の図もああいう書き方をしたのですが、日本の発電用軽水炉が原爆材料の製造に向いていないのは事実ですし、少なくとも現在の(NPT条約その他の)国際環境や日本国内の政治状況下では、「日本が原爆作る? アホちゃうか」と一笑に付されるぐらいの非現実的な話なのも確か。

一方あのジャーナリスト氏はおっしゃるとおり「ミスリードを狙った論外なもの」なので、技術的な細部の話は捨象して書いたわけです。通常の運転期間を経て取り出した核燃料からは作れないのは確かですが、あの方はそれができるかのようなミスリードを狙った書き方をしてましたから。

それをごまかしてやろうとするのはあまりにも非現実的ですよ・・・という話を書くと長くなるので(^^ゞ 技術的・政治的な細部の話を省略したわけですが、まあ・・・書いておくことにしましょう。

ありがとうございました。またご指摘よろしくお願いいたします。

松本英志

開米様

初めてコメントいたします。

確かに「中濃縮プルトニウム」しか生成されない「軽水炉」でのプルトニウム型原爆製造はまず不可能です。 「運転期間を短縮して...」という方法についても、日本の「核武装」を禁じているNPTにもとづくIAEAの監視があるのでまず無理でしょう。

しかし、一つ抜け穴があって、それは「軽水炉」と「高速増殖炉」を組み合わせる方法です。これがあの「核燃料サイクル」なわけですね。

「核燃料サイクル」とは、原発の「軽水炉」と「再処理工場」と「高速増殖炉」の三点セットです。

①六ヶ所村の「再処理工場」で、原発の「軽水炉」で生成された使用済み核燃料から「中濃縮プルトニウム」を取り出す。
②その「中濃縮プルトニウム」を「ブランケット」を装着した「高速増殖炉」にセットして稼動させると、「超高濃縮プルトニウム」が生成される(ブランケットを装着しなければ、これはできない)。

通常のプルトニウム型原爆の製造には「黒鉛炉」か「重水炉」を使いますが、この「高速増殖炉」で生成される「超高濃縮プルトニウム」は「黒鉛炉」「重水炉」で生成される「高濃縮プルトニウム(兵器級プルトニウム)」よりもさらに高純度のもので、高性能な核弾頭を造るには非常に適しているそうです。

日本政府が、とてつもない金食い虫の「高速増殖炉」開発を諦めない本当の理由は、実はここにあると考えられるのですが、現実問題として「高速増殖炉」は実用化がほぼ不可能なので(アメリカもフランスも頓挫)、事実上は頓挫しているわけですが。

しかし、実は「高速増殖炉」の「実験炉」である「常陽」「もんじゅ」の実験運転中に、ブランケットを装着させて既に数十発分の原爆が作れる「超高濃縮プルトニウム」を密かに製造していた、と主張している原子力の専門家グループもいます。

これは生半可な知識でいいかげんなことを言っているジャーナリストたちとは違って、原子力の専門家たちの言っていることですから、あながち嘘ではないかもしれません。

日本の原発第一号であった東海一号炉は英国製の「黒鉛炉」でしたから、これで原爆用の「高濃縮プルトニウム」を密かに製造していた、とはずっと以前から言われていたことです。ただし、アメリカが日本に「再処理工場」を造らせなかったので、生成された「高濃縮プルトニウム」は英国に輸出されて「再処理」され、英国の原爆になった(要するに、日本は英国の原爆製造の下請けをさせられた)とも言われています。

「核燃料サイクル」を計画して実施させたのは佐藤栄作ですが、これは秘密の原爆製造が目的であったと言われています。しかし、アメリカとの政治取引でそれを放棄した(日本が自前の核武装を放棄する代わりに、アメリカがその核の傘で日本を守る、という交換条件であったらしい)ということです。

いずれにせよ、アメリカの(非公式な)承認なくして「日本の核武装」は不可能ですから、最近、日本の核武装論者が勢いづいているように見えるのは、実はアメリカが非公式の承認をしたからではないのか?、とも推測できるのですが。

開米瑞浩

信頼できる情報ソースがありませんし分析している時間もありませんので、私はその話題にはタッチしません。
軽水炉で原爆材料が作れる、という反原発派のデマをつぶせれば十分です。

トド・セイウチ

はじめまして。わたしは反原発派です。
そして核武装賛成派です。
脆弱な原子炉を維持するより、核開発そのものに時間と費用を投じたほうが効率的だと思っています。
核発電は電気を使って電気を作る時代遅れの瞬間湯沸かし器であることはご存知の通りでしょう。
ところが国は自国の国益より中韓の国益に重点を置いている様子。核開発は「できない」わけではなく「しない」のです。
軽水炉では兵器用ウラン濃縮ができない事を知らないのは推進派の議員たちに多く、従ってこの事実をもっと広めて欲しいものです。
これからも技術についての解説をよろしくお願いします。

ぽんかん

こんばんは。
興味深く拝見させていただきました。
この件に対して真正面から取りあげたコラムは少ないと思いますのでたいへん貴重な内容だと思われます。
ただし全体的な主張としては破綻していますね。
>(4) ただし現在の軽水型原子炉でも、運転期間を短縮すれば高純度のPu239を取り出すことは技術的に可能
と抜け道を自ら用意しておきながら、
>発電用原子炉のプルトニウムで原爆は作れません
との主題につなげるのはさすがに無理があるかと。
それこそ
>「嘘は言っていないけれど正確な事実も語っていない」情報の断片を継ぎ合わせて、ある種のミスリードを誘うのは、デマゴーグの使う典型的な手法。
に他なりませんね。
原発推進派の読売新聞が今日(9/20)の朝刊で、「米国では核兵器に転用できるプルトニウムが『原発ゼロ』で行き場を失うことへの懸念も根強い。」と堂々と記名記事で記してます。
なぜ転用不可能なはずのプルトニウムを懸念するのでしょうか?
さらに、軽水炉由来のプルトニウムについてはお書きになったとおりだと思いますが、高速炉・黒鉛炉由来のプルトニウムについてはいかがお考えでしょうか?もんじゅ・常陽・東海でつくられたプルトニウムはトータルで少なからぬ量のようですが、全量がイギリスに送られたのでしょうか?
ご教示願えれば幸いです。

あは

ぽんかんさん

>(4) ただし現在の軽水型原子炉でも、運転期間を短縮すれば高純度のPu239を取り出すことは技術的に可能
と抜け道を自ら用意しておきながら、
>発電用原子炉のプルトニウムで原爆は作れません
との主題につなげるのはさすがに無理があるかと。

無理はないかと思いますが。
その抜け道に対しては「NPT条約体制をかいくぐって秘密に行い戦力化することは、技術的にも政治的にも不可能」と続けて書いているではありませんか。読み落とされたのでしょうか?

それから、
>原発推進派の読売新聞が今日(9/20)の朝刊で、「米国では核兵器に転用できるプルトニウムが『原発ゼロ』で行き場を失うことへの懸念も根強い。」と堂々と記名記事で記してます。
>なぜ転用不可能なはずのプルトニウムを懸念するのでしょうか?

ここは読売新聞に対するあなたの認識が間違っていると思われます。
私の認識では昔はいざ知らず、現在の読売新聞は脱原発に迎合していますね。
原発をすぐに無くすことは非現実的、代替ができるまでは動かすべきと主張していたのは産経新聞だけです。
なぜ懸念?ということについては、記者の知識が足りなかったということではないでしょうか。

まあ主張が破綻しているかどうかについては「個人の認識の差」があるので何とも言えませんが、僭越ながら指摘させていただきました。

ao

社団法人 原子燃料政策研究会によると原子炉級プルトニウムでも原爆は制作は可能とのことです。
「原子炉級プルトニウムと兵器級プルトニウム調査報告書
2001年5月社団法人 原子燃料政策研究会」
http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/index.html

開米瑞浩

>社団法人 原子燃料政策研究会によると原子炉級プルトニウムでも原爆は制作は可能とのことです。
全文ちゃんと読みましたか? 理論的に不可能じゃないというのと、実用的に可能で実績があるというのは別次元の話ですよ。
原子炉級プルトニウムによる原爆を製作し実戦配備した国がどこかにあるとでも?

ao

1962年にアメリカが原子炉級プルトニウムで地下核爆発実験を行った事に関する資料がDOEのサイトにあります。
'Additional Information Concerning Underground Nuclear Weapon Test of Reactor-Grade Plutonium'
https://www.osti.gov/opennet/forms.jsp?formurl=document/press/pc29.html
爆発は成功したが威力は20Kt以下のようです。
爆縮を高速にするか、重水素化リチウムによる核融合で中性子を大量に発生させるいわゆるブースト原爆にすれば威力も、そこそこのものが作れるようです。
実戦配備は、また別問題ですね。

開米瑞浩

1962年の「原子炉級プルトニウムによる地下核爆発実験」での「原子炉級プルトニウム」の定義は1971年以前のもので、実際には兵器級に近い組成であり、現在では fuel-grade と呼ばれています。
http://www.dfat.gov.au/asno/infosheets/rgp_dec06.pdf

ao

そもそも『理論的に不可能じゃないというのと、実用的に可能で実績があるというのは別次元の話ですよ。原子炉級プルトニウムによる原爆を製作し実戦配備した国がどこかにあるとでも?』というのは論点のすり替えですね。
その資料で言っているのは単に1963年の実験でのプルトニウムの呼称を変更したというだけのことで、それだけで「原子炉級プルトニウムで原爆はつくれない」の証明にはなりません。
原爆の臨界条件に付いての厳密な分析は資料が少ないので、それこそ原子燃料政策研究会が述べているように『核兵器を作った人でない限りは、「できる」「できない」と明確に応えられる人などいない。』かも。
ただしプルトニウム240が多い燃料の場合は,プルトニウム240の自発核分裂による早発が問題なので、爆縮速度やブーストでコントロールは可能ではないかということです。

開米瑞浩

「その資料で言っているのは単に1963年の実験でのプルトニウムの呼称を変更したというだけのこと」
↑違います。ただの名称変更ではなく、62年の実験で使われたfuel-grade plutoniumは現在のreactor-gradeとは別物だということを言っています。
62年のは現在の軽水炉から得られるreactor-gradeのplutoniumよりも兵器級に近いものを使っての実験であって、それが成功したからといって現在の原子炉級plutoniumで原爆が出来るという証明にはなりません。
それから「現在の原子炉級プルトニウムで原爆は作れない」という証明なんぞ必要ありませんよ。本来、証明を求められるのは「出来る」と主張する側です。「日本が原発を作って来た真の目的は、副産物のプルトニウムによる原爆開発だ!」というロジックで日本の原子力開発を批判する一部の勢力が存在しますが、そういう批判をする人々の方こそ「原子炉級プルトニウムで原爆が作れる」ことを証明しなければいけないのですよ。
なんにしても、日本が原爆開発をやれると言いたいなら、そういう話はIAEAにでも言ってください。それこそが彼らの本来任務ですから、信憑性があるなら超特急で飛びついてくるでしょう。

ao

タイトルが『発電用原子炉のプルトニウムで原爆は作れません』なのに『「現在の原子炉級プルトニウムで原爆は作れない」という証明なんぞ必要ありませんよ。』では羊頭狗肉ですね。「原子炉級プルトニウムで原爆ができるというなら証明してみろ」くらいのところでしょうか。
IAEAは、日本については核査察が厳格だから必要ないとでもいうんじゃないですか。

原幌平晴

「出来るか出来ないか」は、「出来る」と誰かが実証するまでは「出来ない」とするのが常識でしょう。
だからこそ、科学技術でのチャレンジも生じるわけで。

vaceba

たいへん素敵な議論でためになりました。結局こちらで認定された事実は「運転期間を短縮すれば高純度のPu239を取り出すことは技術的に可能」ということですね。さらにもんじゅとかあればますます可能かも知れないと。もちろんNPTとかあって普通にとりだすことはできないが、ある日NPTを脱退すればそれができるというわけです。そのことが潜在的抑止力となりうると考えて原発や核燃料サイクルを導入しているとすれば「原発の真の目的は原爆開発だ!」論はやはり正当ということになるかと思います。とはいえ反原発派だが、核武装派という方もいらっしゃったように、この問題は原発の是非とはちょっと離れていると思います。

PAPA

>ある日NPTを脱退すればそれができるというわけです。

そんな事を言い出したら、何でも有りでしょう。

toohuudoo

開米瑞浩 2013/08/27 10:46
のコメント返信が私の知りたいことでした。。
原子炉級でも、爆縮速度の向上、と、ブースト型構造
で、核兵器は作れるとなっています、
しかし、それが実用的なのか、という点が知りたいこと
です。原子炉級プロトニウムは、発熱量が大きく、そのことから
起爆用爆薬との関係で、保存にも、運搬にも、危険だと書いてあります。
また、その安定した寿命がどのくらいなのか、という点も知りたいものです。
原子炉級プルトニウムを使ったブースト型核兵器は、信頼性とかの面からも、
数年とかという短い期間で実用的核兵器としては作れないのではないかと、
思っているのです。
しかし、そのへんを説明した資料を見つけられません。

コメントを投稿する