オルタナティブ・ブログ > 開米のリアリスト思考室 >

「誰かが教えてくれることを信じるのではなく、自分で考えて行動する」ためには、矛盾だらけの「現実」をありのままに把握することから始めるリアリスト思考が欠かせません。「考える・書く力」の研修を手がける開米瑞浩が、現実の社会問題を相手にリアリスト思考を実践してゆくブログです。

4Dシネマって正直どーよ? 感がありあり

»

先日、シン・ゴジラを見に(2回目の鑑賞!)、ある映画館に行ってきたんですが、その際、なにやら4Dというのがあるということを聞いて、物珍しさもあってそっちを選んだのですよ。

4D といっても MX4Dと4DXという2種類あるそうですが、私が見に行ったのはMX4Dのほうでした。

それで、まあ率直な感想を申し上げれば。

「いらん」

の一言。

といっても、実験的技術としてはありだと思います。

ただ、商品としての洗練さはまだまだまだまだ発展途上だなあと思った次第です。

端的に何がいけないかを列挙すると

水しぶき(&エアーブラスト)は邪魔

メガネを掛けてることもあって、率直に言って映画を見る上では邪魔でした。メガネなしだったとしても、映画を見るときに顔に水しぶきかけて欲しいとは思いません。劇場によっては水しぶきを止めるスイッチが座席についてるらしいですが、私が行った劇場にはそれはなかったので、水しぶきを止めるために上映中噴射口を手でブロックせざるを得ませんでした。

もしかしたら「水しぶきを止めるスイッチ」に私が気がつかなかっただけかもしれませんが、たとえそうだったとしても、客がそこに気がつかないようなUIであるという時点でダメだと思います。

振動を使いすぎ

シートポッパー、レッグティクラー、バックポーカーなどいくつかの振動系の仕掛けがあるようですが、率直に言ってのべつまくなしに使いすぎ。「こーいうことができるようになったので、使えそうなところには全部使ってみました~」な感があって、映画そのものと統合されたコンテンツにはなっていなかったですね。

まあ、実験的には面白いと思うので、今後そういうダメな部分はいずれ洗練されていくのだろうとは思います。

ですが現段階では、「技術的に可能だからやってみました」で突っ走ることの怖さをしみじみ感じるコンテンツでした。

Comment(3)

コメント

ふじまる

私もIMAXや3Dを見た時思ったのと同じでした。これからどんどん洗練されていくと思いますが、まだまだですね。
ところで、開米さんに是非論評をお願いしたいお題があります。
そうです、アレです。豊洲新市場のグダグダです。
私個人は古い・汚い・危険の築地から、一刻も早く新市場への移設を望んでいます。新市場の安全性も問題無いですし。
これとは別に高額に膨れあがった総事業費などは追求する点があると思います。また、築地跡地の利用についての思惑などあるかと。
ファンとしてお時間がありましたら、お願いをいたします。

開米

ふじまるさん、どうもありがとうございます。

豊洲はやはり、「とっとと移転しろ~」の一言に尽きますわ・・・
総事業費の追求とか、跡地の利用には特に興味なくて・・・

豊洲の一件については、馬鹿に権力を持たせてはいけない、という教訓かなと思っています。選挙の勝負師として遠目に見物する分には楽しいですが、実務の人じゃないなあということですね・・・

ふじまる

早速のお返事に感謝いたします。
>>豊洲はやはり、「とっとと移転しろ~」の一言に尽きますわ・・・
そうですよね。
>>馬鹿に権力を持たせてはいけない、という教訓かなと思っています。
久しぶりにきついお言葉。でも正しいと思います。
民主政権誕生やら原発対応やら、ここ10年の様々な動きは、自民党に全てを任せきってきた国民のツケが回ってきていると思います。
「誰がやっても同じ」はウソで、適任を慎重に選ばないと、国民がお灸を据えられる事実にやっと気づき始めたのではないかと。
今回の豊洲新市場に関しては、開米さんがご興味を持たれていたなら既に発信されるはずですね。無理強いを言ってすみませんでした。
これからも、様々な視点からの考察を楽しみにしております。

コメントを投稿する