オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

Facebookに「よくないね!」ボタンが必要無い理由

»

Dislile

注目エントリーで目に留まった、川月さんが書かれたエントリー”フェイスブックの「いいね!」ボタンの機能分化現象に関する考察”に触発されて、少しFacebookの「よくないね!」ボタンについて。


結論から言うと、不要 です。

同様に、「いまいち!」ボタンとか、「どうでもいいね!」ボタンも。


Facebookをはじめたばかりの人と話していると、世の中「いいね!」ばかりじゃないんだから「よくないね!」ボタンがあったほうがいいのにという意見をよく聞きます。また、ヘビーユーザーの中には、アドオンで「よくないね!」ボタンを追加して遊ぶというケースもあるようですが、まあ遊びはともかく、安易にネガティブな反応を助長する機能が必要だとは思えません。

これは、ソーシャルメディアにおけるコミュニケーション、そもそもソーシャルメディアの”ソーシャル”が何を意味するかを考えると必然的に導かれるのではないでしょうか。

また、Facebookの中でどのように振舞うべきか、ということともつながっています。
ソーシャルメディアの中でもFacebookでは実名が原則であり、Facebook上での人格、友達など他社との関わりは現実社会と基本的には同じはずです。

そう考えると、友達同士で集まってお話している時に誰かの発言に対して、ただ一言「よくないね!」とだけ言い残して立ち去るなんていうシーンがあるでしょうか?
”大変だね”と心配するにせよ、”その意見は間違ってると思うよ”と反論するにせよ、なんらか言葉を尽くすはず。

さらに、「よくないね!」がたくさんカウントされたエントリーが魅力的であるとも思えません。


私は、「いいね!」しかない今のFacebookが、結果として建設的な会話のスパイラルを生み、よくない話に対してはコメントで言葉をつくして適切な理解につなげる、というとてもよくできた仕組みだと考えています。

Facebookが将来に渡って「よくないね!」ボタンを付けないとは言い切れませんが、半ば実社会と表裏一体のようになりつつあるソーシャルなFacebook社会を実現した思想がプラス向きだとすれば、可能性は低いのではないでしょうか。


--------------

余談

「見たよ!」ボタンがあったほうがいいかどうか?について。
これもいらないと思います。
「よくないね!」ボタンほど積極的に不要というわけではないですが、あまり意味がない(何かにつながるキッカケにならない)ですから。
似たようなものとしては、アメブロのペタがありますが、何か有効に機能しているような気がしないので。

Comment(10)

コメント

追加で少し調べていたら、つい最近同じような趣旨の記事が出ていました。うまくまとめられていますのでご参考までリンクを付記します。

「Facebookに「Dislike」が無い理由」(SmartPhoneTimes 2011/12/26) http://smartphone-times.com/1537

editech

磯島さん、editech こと川月です。
トラックバックありがとうございます!

その後、ネット界隈では「いいね!だけでもいいんじゃない」という人もいたりして、いろいろと考えさせられました。
ボタンがいくつもあると、どっちを選べばいいだろうかと判断に迷うこともありそうですね。
そう考えると「選択の余地のない」いいね!一刀流もアリかもと思ったり…。
ただ、あの「購読」の意味の「いいね!」だけはどうにかしてほしいなぁと思います。

染谷

日常会話で「いいね」だけ言って去っていく人も見たことないですけどね

学生

学生中心で流行している携帯HPにはYonda!という機能があり、購読を示せます。
これはブログなどの記事に目を通したことがわかり、その記事関する共通の話題が今後通じることを意味します。


なので、購読の意味を持つボタンは必要だと思います。

学生さん、コメントありがとうございます。
一定のコミュニティの中でコンセンサスがとれたアドオンを使うというのはありうることだと思います。
それがFacebookのコミュニケーションの中で”必要だ”とFacebookが判断すれば実装されるということもあるのかもしれませんね。

あとり

同意できない旨を表示するだけでなく、世の中ポジティブな内容ばかりでもないので、ネガティブな意味での同意を示すというのがあってもいいように思います。
お悔やみごとのお知らせに「イイネ!」もないもので。
ニュートラルで単純に「読んだ」という意思表示だけの方がいいように思いますが、それだと味気ないんでしょうね。

あとりさん、コメントありがとうございます。
確かに、風邪で寝込みました、というようなエントリーにはいいね!は押せないし、当然Dislikeでもないですが、それでも何か伝えたければやっぱりコメントかなという気がします。それを言い出すと、いいね!だって要らないじゃん、という考え方もできますが、ポジティブな反応は軽くたくさんあってもそれはそれでいいかなというところで。

ん~

この記事が「よくないね!」

Tanu

「殺人犯が逃げた」という記事に、沢山の「いいね」がついてました。おかしいと思うのは、私だけですか?殺人犯が逃げて何が良いのか理解できない。

またの名を学生

僕はバッドボタンは必要だと思います。バランスが悪いからです。人々を明らかに不快にしている記事があるとして、バッドボタンがない場合、圧倒的な低評価をはらんでいるのに高評価だけが目に見える。それはおかしいことだと思います。多くの人が傷つく投稿が助長されるシステムこそおかしいと思います。
たしかに、バッドボタンがあると少数派の淘汰に繋がるかもしれません。しかし、少数派であるかどうかにかかわらず、他人にどう受け取られているかを正しく認識することは発信者の責任であり、それを気にするかどうかは発信者次第です。つまり、評価の反映をを歪んだ形ですべきではありません。
そうなるとむしろ、いいね!ボタンも必要ないのではないでしょうか。片方だけが存在しているからこそバランスが悪いのです。いいも悪いも言葉で示すべきなのではないかと思います。
このように考えると、いいね!ボタンは建設的なコミュニケーションと適切な理解を得る手段であるという指摘に疑問を抱かざるを得ません。一体、いいね!ボタンとは何なのか。バッドボタンがない理由は何なのか、もう一度考える必要があると思いました。

>Tanu
そういう記事に対してのいいね!は記事に対する評価だと思うようにしています。いいね!はその投稿にしているのであって逃げたことに対するいいね!ではないのではないでしょうか。

コメントを投稿する