オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

切手を貼ってない郵便はちゃんと届くのか?

»

お客様からお叱りをいただきました。それも2件。

何で?って、そう、月末に郵送した「請求書の封筒に切手が貼って無かったゾ!」ということで。

お詫びして、今後きちんと気をつけます。ということでひとまずお赦しいただきました。

しかし、社内で、「郵便局のヒトも、そんなのちゃんと突っ返してくれればお客様にご迷惑をかけずにすんだかもしれないのにね」という話をしていて、ふとよく考えてみると、”封筒には”請求書在中”とハンコが押してあったので、もしかしたら郵便屋さんが気を利かせて「これは請求書だから到着が遅れると、送り手にも受け手にも面倒がかかってしまうに違いない。杓子定規に突っ返すんじゃなくて、迅速に届けることが第一なはずだ。」と考えてくれたのではと気がつきました。

そっか。ありがたいことだ、これは。とポジティブに納得。

よかれと思ってやったことが、裏目に出て怒られるなんてことがあったりしますが、大局的に最善となるべく判断をするというのは大事なことだと思います。目先のことや、決まりごとに気をとられて、本質を見失なってはなりませんよね。

とかなんとか、ちょっと考えてみました。

(念のため料金不足の郵便がどういう取扱いをされるのか、ちょっと調べたのでご参考まで。)

Q.3. 料金不足の手紙はどうなるの?
 料金不足の郵便物の場合、1)受取人に届く前に差出人に返送される場合、2)受取人に届いて不足額を支払う場合、3)受取人が不在だったり、支払いを拒否したりすると差出人に返送される場合があります。返送されると肝心の用件が伝わらないことになりますし、受取人に不足料金を払わせるのは少額とはいえ失礼にあたることでしょう。特に慣れない速達や定型外の手紙を出す場合は、郵便局の窓口へお持ちいただくのが確実です。

追伸

少し前に、都内に送った郵便が料金不足がらみで、届くのにとんでもなく時間がかかったというエントリーを書いていたこともあって、本稿アップしました。

麹町から新宿三丁目まで2週間かかる郵便(-"-)

Comment(4)

コメント

元中央郵便局長の息子です。

基本は「一応届ける」のだそうです。

「大切な信書だからまずは届ける。でも有料だから不足料金が配達先で回収できなければ残念だが差出人に持ち帰る」
(これは持論ですので念のため)

請求書じゃなくても差別なくやるらしいですよ。
もっとも、10年くらい前にリタイアしたので最近もそのポリシーでどこでもやってるかはわかりませんが。
・・・一応配送コストかかりますしね。

トラパパさん、
まずは迅速に届ける。足りなかった料金はちゃんと差出人から頂く。というふうにできればいいんでしょうね。

Azukian


それは理想ですが、
現物を引き渡してしまうと、証拠という点で弱くなりますから、不足分の回収が難しくなるでしょうね。
それに、差出人に請求に行くコストも馬鹿にならないだろうし。
今のやり方が一番取りっぱぐれなく、コストを抑えられる方法なんでしょう。
まぁ、受取人に拒否されて差出人に戻すコストを思えば、わずかな不足分を取りっぱぐれた方がお得だとも思えますが・・・

おおた

ちょっと話はずれますが、有名作家さんへのファンレターに混じって、(意味不明の)脅迫文等が切手を貼らずに、もちろん匿名で送られてくることがあるそうなのですが(有名人だから仕方ない?)、出版社によって対応が違うようです。
 ある出版社は会社で切手代を出すのですが、別の出版社は切手代を後で作家さんに請求するとか…(苦笑)。

コメントを投稿する