オルタナティブ・ブログ > Dr.本荘の Thought & Share >

主にテクノロジー×ビジネス×イノベーションについて考察・刺激・アイデアなどを

iPadへの見方が次第に変化してきた

»

iPadへの見方が次第に変化してきたようだ。

二ヶ月前に
「AppleのiPad発表のレポートをいくつかまとめて読んでみた」
http://blogs.itmedia.co.jp/honjo/2010/01/appleipad-c6ce.html
を書いたが、基本的にはスクリーン・サイズで分類する議論から抜け出ていない論調がほとんど。

しかし、例えばWall Street Journalウェブサイトの MARCH 30, 2010記事
「Laptop Killer? The iPad Comes Close」
では、それを超えるuser experienceを提供する可能性を指摘している。

過去にも「パソコンの行方 続2
などで、従来のパソコンとケータイの間にある事業機会・市場ポテンシャルなどについて議論したが、さらにはこうしたデバイスを再定義するところまで進化しつつあるのかもしれない。

マイクロソフト副社長の電子書籍コメントへの古川ツイート
で指摘されたように、単に価格やサイズだけでは、従来の競争の図式の延長上でしかない。それを転換する可能性に注目しなければマーケティングのマの字もないだろう。

こうしてみるとiPadは、キンドルでもない、小型パソコンでもない新たなジャンルを創るのかもしれない。もちろん、大きなiPhoneというだけでは面白くはない。WiFi版の引き合いが強いというし、位置づけは異なる。しかし、国・市場によって受容度は異なるだろう。

少なくとも、いままでパソコンやケータイに馴染み難かった顧客層を捉える意味はある。それ以上の可能性もある。

また、これに他の陣営がどう挑むか楽しみだ。

Comment(2)

コメント

わたしがiPhoneに馴染めない最大唯一の理由は、画面(→文字)が小さいということです。目の老化が予想以上に進み、画面を見ることの大きな障害になりつつある今、便利さvs画面の小ささで、未だに葛藤中です。
その意味で、わたしにとってiPadの画面の大きさは、単純明快にアドバンテージになると思います。どんな使い方ができるのか、今から楽しみです。

本荘

画面の大きさと生産性には正の相関関係があるという研究結果もあります。普通のケータイよりもiPhoneは大きいですが、画面サイズの制約は大きいと思います。だからこそ普通のパソコンとモバイルの間の画面サイズのポテンシャルが注目されているのだと思います。

コメントを投稿する