オルタナティブ・ブログ > チャットでワークな日々 >

最近チャットツールが注目されています。話題に応じて複数の部屋をすぐに設定して社内や社外の人と適切なコミュニケーションを構築できるほか、タスク管理、大容量ファイルのやりとり、そして電話映話会議ができるタイプもあります。そんなツールを開発している会社での、チャットでワークする日々を皆様にご紹介します。

HOME'Sマーケットレポート 2011年4月度 京阪神

»
4月のHOME'Sマーケットレポート、京阪神版です。賃貸物件の礼金0物件割合はピークより落ちていますが、敷金0物件割合は、ピークを更新しました。

首都圏では築古マンションの人気が堅調のようですが、京阪神では、マンションも一戸建ても、築浅のほうが人気があるようです。


  

京阪神の賃貸マンション掲載物件では、平均坪賃料、平均賃料、平均敷金、平均礼金がすべて下落しました。各府県でも、兵庫県の平均礼金が上昇したほかはすべて下落しています。

賃貸アパート掲載物件もマンション同様に、平均坪賃料、平均賃料、平均敷金、平均礼金がすべて下落しました。賃貸マンションおよび賃貸アパート掲載物件の敷金0物件割合は、47%を超えています。

掲載物件のほうは力弱い状況ですが、賃貸マンションの問合せ物件では、平均賃料が+3.1%、平均礼金が+20.8%と回復を見せています。


  

京阪神の流通マンション掲載物件では、築10年未満の平均坪単価が上昇し、築10年以上では下落しました。これは首都圏とは逆の状況です。

築10年以上では各府県でも、平均坪単価と平均価格が下落しています。

ところが問合せ物件の平均では、築10年未満の平均坪単価が-6.2%、平均価格が-10.0%と軟調で、築10年以上の平均坪単価が+3.7%、平均価格が+3.6%と堅調です。


  

京阪神の一戸建ては、築10年未満掲載物件、問合せ物件で平均価格が上昇し、築10年以上では下落し、首都圏と同じような動きを示しています。

つまり京阪神の流通物件では、築浅のほうが堅調ということになります。築10年未満問合せ物件の平均坪単価は101.65万円となり、データを取り出してから初めて、掲載物件の平均坪単価101.60万円を超えました。

なお京阪神築10年以上問合せ物件では、平均坪単価と平均価格の下落が3ヶ月続いています。


  
京阪神の流通土地掲載物件では、6ヶ月続いた平均価格の対前月比下落が止まり、上昇に転じました。

ただし、問合せ平均は下落が激しく、平均坪単価が-30.3%、平均価格が-38.4%という状況です。各府県も全て下落しています。

とはいえ、前月の問合せ平均は上昇が著しく、京阪神の流通土地物件の平均値の動きが激しいことが多いため、さほど気にする必要はないと言えます。











Comment(0)

コメント

コメントを投稿する