オルタナティブ・ブログ > オルタナティブ☆ハシモト >

橋本正徳の非営利な活動を報告します

僕がiPhoneを買わない理由

»

Iphone

オルタナティブ・ブログのブロガー「小川浩さん」の「iPhoneが売れていない、という印象を植え付けようとするどこかの誰かさん、にもの申す」というエントリが、盛り上がっていたので気付いたが、「日本人がiPhoneを嫌っている」という趣旨のブログエントリがあったり、それに反論するブログエントリがあったりと、iPhoneと日本人(日本の携帯)についての議論が賑わっているようだ。そこで、「僕がiPhoneを買わない理由」というエントリをたてて便乗する(笑)。

僕がiPhoneを買わないのは、妻に止められているからである。止めるのは、僕が「iPod touch」を持っているし「携帯電話」も別に不自由ではないから。きっと、彼女には「購入価値」が理解できないのだろう。そして、僕にも非ITの彼女に理解させることのできる説得材料がない。いや、あるのだが、あしらわれる。

僕がiPhoneを欲しいのは、色々あるが、結果「持ってると『お!iPhone!』と言われるから」だ。そして、動機が「持ってると『お!iPhone!』と言われるから」というところにあるので、極力、身の回りの人には持っていて欲しくない(笑)。なんだか、持っていると注目される要素がiPhoneにはある。そこで、面白い会話ができるだけでも、いいじゃないかと思う。いろんなブログで議論されているように「海外が云々」「日本の携帯が云々」などの、深い考察は僕には無い。さらには、それらの購入に値する根拠的なものが「購入する」という行為に直接繋がるとも思えない。しかし、どんな内容であれ、これだけ話題になるiPhoneだ。手に入れてニマニマしながら触ってみたくなる。それが僕に取ってのiPhoneを欲しい理由なので、妻から購入を許されないのもよくわかる。

しかし、最近、Seasarファウンデーション理事の丸山先生が推している「Google Android」や、「Symbian OS」、そして「iPhone」など「モバイル端末」の大きな前進には、目を見張るものがある。

ともあれ、iPhone自慢のエントリを見ては「うらやましぃなぁ〜」と指をくわえて見ている感じだ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する