オルタナティブ・ブログ > こんなところにも、グローバリゼーション2.0 >

日本や日本人って何だろう。改めて「海外」を考えるヒントを身近な話題から

こういう時こそ、無償Web会議、クラウド型コラボレーションツール活用のオススメ

»

IBMのニュースリリースでも発表されましたが、LotusLiveの無償提供が始まりました。
Web会議やプレゼンの仕組み+ファイル共有や簡単なメールがセットになったものとお考えください。

ニュースリリースはこちら
http://www.ibm.com/jp/news/2011/03/1401.html

申請手続:
下記、問い合わせ先にメールにてご連絡ください。
東北地方太平洋沖地震対策 LotusLive 無償提供プログラム受付窓口
 メールアドレス: sbcloud@jp.ibm.com

LotusLiveについてはこちら
https://www.lotuslive.com/ja/

使い方が良くわからないなどの場合には、私自身もWeb&メール対応ですが可能な限り個人的に支援させていただきます。(前職でこのサービスを立ち上げたプロマネでしたので)

ちなみに、本日、オフィスへ通勤できなかったため渋谷のサテライトオフィスで勤務し、昼休み時間にパソコンショップへ行ったら、Web会議用のカメラが実売価格2000~4000円くらい(定価の1000円割引)で山積みにしてありました。

別に弊社サービスでなくても構いませんが、こういう状況下ですので、初めて在宅勤務をやってみるというのもいいんじゃあないでしょうか。

ちなみに、弊社サービスの場合は海外のサーバーを使うことができますので、国内の電力需要を消費しません。日ごろ、官公庁系のクラウドでは「国内サーバー設置が不可欠」となっていますが、こういう大規模災害の場合はグローバル規模でのバックアップ体制にもいいところがあります。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する