オルタナティブ・ブログ > 教えること、教えられること >

教育のこと、会社組織のことなどを日常の出来事から考えていきたいと思います

まかせることの必要性

»

人に仕事を頼むとき、今まではゴールのイメージを示して、方向性とやり方を提示して、それでできるものと思っていた。

最近、その逆の立場になる機会があった。

私のパートナーが出したアイディアに従って製作物をつくる仕事をしたのだが、これがなかなかうまくできなかった。

何度もコンセプトを聞きなおしたり、方向が間違っていないか確認したりしたが、なかなかしっくりこない。

それは自分には相手の描くイメージが十分理解できていなかったためだ。

所詮、あうんの呼吸で一緒に仕事ができることはほぼないわけで、自分で「こう」と思って貫いた仕事の方がアイディアも洗練されるし、説得力も増すし、いいものができるものだ。

  • 他人には、与えてまかせる
  • 仕事を引き受けるときには、コンセプトを聞いた上でこちらから提案できるようにする

あたり前のことではあるが、これが必要なんだ、と痛感させられる一日であった。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する