オルタナティブ・ブログ > 教えること、教えられること >

教育のこと、会社組織のことなどを日常の出来事から考えていきたいと思います

質問: 何がやりたいの?

»

先日、前職で世話になった方に飲みに連れて行ってもらったときのことです。

その方は自分よりも10数年先輩で、面倒見のいいアニキ的性分の方で、よく現役時代は後輩を数人引き連れ飲みに連れて行ってくれたものです。今ではそのアニキも会社を興こし、立派な経営者です。それでも(おせっかいすぎるほどの)面倒見のよさは全く変わっていませんでした。

そんなアニキの頭を悩ますのは、売上、客先のシステムトラブル、社員とのコミュニケーションなどなど。さすがに10数年前とは話題は変わり、すっかり経営者としての視点になっていました。そんなアニキが私たちを心配する言葉が「キミはいったい何がやりたいの?」です。やりたいことがあれば、相談にも乗るし、できる限りのサポートをしてやる、との暖かくもありがたい言葉。ただし、サラリーマンにはなかなか答えにくい質問でもあります。

今では私も独立していますし将来のことやビジョンについて考える機会が多くなったため、他人に聞かれればそこそこ相手の期待に沿える程度に答えられるようになったものの、サラリーマンをやっていた頃にはこの質問には答えられなかったことを思い出しました。
無理に語ろうとすると、単なる夢に終わってしまい、現実性を帯びていない。現実的でないから相手も納得のいく顔をしていない。そんな会話から独立のきっかけや将来の道が開かれるなどの人生の分かれ道があったのだろうな、とそのとき思いました。

コーチングやキャリアカウンセリングなどでも同じですが、多くのクライアントは何がしたいかの回答を見つけるのに時間を要します。何がしたいかが本人にはっきりと見つけられれば、そこからは早いのだと思います。

飲んだ席で質問を受けた相手は困っていましたが、その質問は当人にとっては少なからず刺激になったことでしょう。私も臆することなく、機会があれば悩める子羊たちにこの質問を投げかけてみたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する