オルタナティブ・ブログ > 山岡週報 >

メディアプランナーのつぶやき。ITおよび製造業のマーケティングについての考察。ときどきマンガとアニメ。

Facebookの通知機能をリアルの世界に引き出したガジェット「NOTICE」、クラウドファンディングで製品化なるか?

»

8/30(木)、MONOist編集部のとある取材に同行し、 「たった一人の家電メーカー」 八木 啓太氏の自宅兼オフィスのある小田原へ行ってきた。その取材記事はまた後日紹介するが、今回は、彼の製品アイデアのひとつと、その製品化への支援を記したい。

彼は大手メーカーを飛び出して、とてもユニークな製品を設計・開発し、部品調達や販売までたった一人で行っている。その製品や制作活動は、うちのメディアの読者である製造業のエンジニアに非常に刺激を与えており、また、私と彼とは1983年生まれ同士というのもあって、仕事としても個人としても応援したいと思っている。

そんななか、MONOistの記事企画がきっかけで八木氏が開発されたのが、Facebookの通知機能をリアルの世界に引き出したガジェット「NOTICE」である。

Pic1

この製品自体はとてもシンプルなアイデアから生まれたもので、要らない人にとってはまったく要らないものだが、Facebookを愛用している人、Apple製品と一緒に使えるような洗練されたデザインが好きな人にはたまらないものだと思う。試作品を見たが、とてもいい青色と質感が出ていた。

この製品化の支援を、クラウドファンディングのkickstarter(キックスターター)で募集している。
http://www.notifier.jp/

Photo_2

ターゲットはFacebookユーザーなので、日本以外にもアメリカ、インドネシア、台湾などFacebookユーザーが多い国に支援を求めることができないかなという思いもある。何かいいアイデアはないだろうか?

英語版のサイトはこちら。
http://www.kickstarter.com/projects/cerevo/notice-physical-facebook-notifier

このクラウドファンディングの締め切りは残り21日と迫っているのだが、まだ達成率14%で、このままでは製品化に至らないかもしれないという状況だ。30%以上になるとアメリカの方の支援が加速する可能性があるという話もあり、まずは日本側でもうちょっと増やしたいところ。

ちなみに、これが製品化されても私やMONOistにお金が入るわけではない。ただ個人的にこの製品は欲しいので、なんとか支援したい。このままお蔵入りになるのはもったいない。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する