オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

コンピュータ史上、最高の発表(だと思う)

»

米国時間の10月17日(火曜日)、サン・マイクロシステムズはコンピュータ史上最高の発表を行いました。少なくとも、コンピュータ業界、生きる化石の私としては、わたしが係わった発表を含め、こんなすごい発表はないなと思っています。

発表したのは「プロジェクト ブラックボックス」といいます。発表というよりはプロトタイプのプレビューと言った方が良いのですが、この製品が出てくるとき、いままでのコンピュータの常識はくつがえされるでしょう。 

このプレビューの製品はこれです!!!!!

K3_project_blackbox_1



 
 
 

「ふん、コンテナーじゃん」ですって。この箱は中身が重要です。中はこうなっています。

K3_project_blackbox_2  

 
 
 
 

この「プロジェクト ブラックボックス」は、コンテナーの中に大量のサーバやストレージを詰め込み、空調をそなえたデータセンターそのものです。この「ブラックボックス」には箱あたり、120台のSun Fire T2000、または、250台のSun Fire T1000を組み込むことができ、2000のコア、8000の同時スレッドをサポートできます。また、最大1.5ペタバイトのディスクストレージ、最大2ペタバイトのテープストレージを格納できます。同時ユーザ数も10,000人管理でき、7テラバイトのメモリーを備えます。 

K3_project_blackbox_4_1  

 
 
 
 
 

以上のスペックであれば、日本の多くのデータセンターと同等の処理能力を有し、かつ、非常にコンパクトでデータセンターのコストを大幅に削減することが出来ます。災害時にも利用でき、また、データセンターの移動、設置も簡単です。

17日のプレビューはサンのカリフォルニアにある、メンロパーク・キャンパスのビルディング15の駐車場で行われ弊社CEOのジョナサン・シュワルツが説明、また、弊社のエコロジー担当副社長のデーブ・ダグラスがエコロジーの観点からも説明しました。

Project_blackbox_jonathan Project_blackbox_davedouglas   

 
 
 
 

このブラックボックスには、いろいろな用途が考えられます。一例を見てみると。

Blackbox_relief_11024x768 Blackbox_warehouse1024x768 Blackbox_parkinggarage1024x768  

 
 
 

Project_blackbox_roll
こうやって移動可能です。


 
 

これは、サン得意のジョークではなく、製品化を目指しています。来年の後半に米国で出荷開始できることを目標にしています。日本における、発表・販売は未定です。今後とも、サンの発表から目を離さないでいてくださいね。

英語ですが、このブラックボックスのサンのページはこちらです。

Comment(11)

コメント

おぉ、かっこいいですね!胸が震えます。すばらしい製品だと思います。一目みてすごさがわかるのがいいです。

とおる

でしょう!地震など自然災害が多く、また、地価の高い日本には最適なように思われます。ただ、どうやって輸入するんでしょうね。やっぱりコンテナ船でしょうか(笑)。コンテナを運べる飛行機ってあるのかなあ。

himat

スカイカーゴで十分じゃない?
いざとなったらスーパーグッピーやベルーガで。

とおる

himatさん、いいですね、スーパーグッピーの胴体に大きくサンのロゴ付けて成田空港に降りてくるなんて ;)。 想像するとワクワクします(スーパーグッピーは世界で4機しか現存していないそうです。)

来年が楽しみですね。そのころは、SPARCチップの64スレッドのサーバも出てくるので、楽しさ数倍です。

kondo

私も一報を見て素直にびっくりしました。これはすごい。スラドでも話題になっていましたね。

とおり

いいですね、これ。 貨物列車にコンテナつんで、どこでも行けます、線路があればとか。 架線がなければディーゼルで発電もOKだなとか。 事務所に閉じこもりがちなデータセンタ要員さんたち用にトラックにつんで毎日ちがう場所に移動しながら、観光地を順に巡るとか、運営できるのも鬱病対策なんかにはいいかも。 いまどき通信なんてわりとどうにでもなりげでしょうから。

Q

余計なお世話ですが、コンテナ丸ごと盗まれたら、情報漏えいどころじゃないですね。
データセンターが丸ごと盗まれるんですから。
もっとも、これが設置される場所って、砂漠の真ん中とか
海上油田とかでしょうから、丸ごと盗むなんてムチャするより、
オンラインで進入するでしょうけど・・・。
しかし、1.5ペタって・・・150万ギガってことですね・・・(@_@;)

とおる

とおりさん、Qさん、コメントありがとうございます。
 
電源車という、バッテリーをコンテナに積んだ車もありますので、このブラックボックスは本当にどこに行っても稼動させることができます。でも、データセンタの要員さんたちが四六時中ブラックボックスに入っているわけではなく、ボックスの外からの管理ですので、キャンピングカーを改造して、管理センターカーも作らないといけませんね。
 
Qさんのコンテナを丸ごと盗まれるってのは、可能性がありそうなので、米国側にフィードバックしておきますね。なにか返事が返ってきたら、ご報告します。
 
なお、この1.5ペタバイトですが、弊社のOSのSolaris 10が持っている、ZFSというファイルシステムは、ペタバイト(10の15乗)どころか、ゼッタバイト(10の21乗)までのファイル容量を一括管理できるのです!結構すごいOSでしょ。

おきやす

リアルスフィンクスですね(@o@)

aradin鯖

デビスモンサン空軍基地にずらりと5000個ほどおいて置きたいですね
さぞかし見ごたえのある風景になりそう

>コンテナを丸ごと盗まれる
外観を普通の使い古したコンテナに偽装すればOK
だが他のコンテナ混ざって所在を特定できなくなるセキュリティホール・・・
所在を特定できないが無線機能内蔵のためデータは取り出せると言う
とってもイイカゲンな状態とかを妄想

とおる

おきやすさん、リアルスフィンクスですかぁ。ハゲシク呪マースってやつですか?

aradin鯖さん、コンテナを偽装ですか。砂漠用のカモフラージュなんていかが。妄想をかきたてる製品っていいなあ。

コメントを投稿する