オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

Leopard、2日目に気づいたこと

»

 1日使ってみての印象。と言ってもメインで使っていたのはGarageBandであったり、CrossOver MacやParallels経由で初音ミクを使っていたりといったわけですが。

 FinderのiTunes化については昨日書きましたが、それ以外で大きな変化といえば、これ。

 Jedit 4.0が動かなくなった。

 共有ライブラリのエラーによりアプリケーション“Jedit4”は起動しませんでした

 アートマン21にもLeopardの対応について書かれているのですけどね。

 いや、Jedit Xがでてもう何年だ、というのにいまだにJedit 4を使っているのがおかしいのですが。

 でも、Jedit 4用のAppleScriptをまだJedit X用に書き直していないので、
勉強しなおさなきゃ。

 それとは別に、Leopardの新機能で使い勝手が意外にいいのがSpaces。

 Time Machineみたいにファンシーじゃないけど、使う場面が多い分、そのキビキビさやちょっとしたエフェクトがうれしい。

 もちろん従来でもサードパーティツールで可能だったし、Linuxでははるか昔から標準搭載なのは知ってる。それでも、意味もなく画面切り替えのキーボードショートカットを押してしまうのです。

 Mac OSには、この手の「意味なく動かしてしまう」機能が昔から多い。

 あとは、Safariの「任意のページの任意の部分をDashboardウィジェット化」機能。

 さっそく、ニコニコ動画の初音ミクオリジナル曲の新着ウィジェットと、ITmedia TOP STORY直近5本のウィジェットを作りました。ばかばかしいくらいに簡単。SDKが必要な、これまでのウィジェット/ガジェットっていったい何よ、って感じ。

 Safariでウィジェット化したいページを開いておいて、「SafariからDashboardで開く...」コマンドを選ぶと、ウィジェット化するブロックを選択できるようになります。選んだら、「追加」ボタンを押すだけ。

 Leopardのウィジェットについては、2013で増田さんがかかれているけど、iPhone/iPod touchがDashboardウィジェットをサポートしてから本格的に普及するのだと思います。そのときに、このばかばかしいまでの手軽さが生きてくるのでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する