オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

LeopardってiTunes OSだったのね

»

 きのう、メインマシンであるMacBook ProにLeopardがインストールできないという話を書きましたが、けっきょくは入れちゃいました。ハードディスク換装せずに。Previous Systemを消去してインストール。その後、Boot CampをVistaごとまっさらにという強硬手段でした。さらばVista(Parallelsにはいますけどね)。

 さて、本題。

 AppleがiTunesをWindows向けに開発すると発表したとき、「これはQuickTimeのときの例のアレをやるのだな」と予想しました。

  QuickTimeの中にMac OS用のさまざまなAPIを仕込んでおいて、QuickTimeを介することで、WindowsとMacで共通のアプリケーションが動作するようにするという構想。これがMac挽回の切り札だという話を聞いたことがあります。

 けっきょくその構想は実を結ばないままになり、その後、MacとWindowsで共通のアプリ開発ができるはずだったYellow Boxも打ち切られましたが、iTunesとQuickTimeがコンビになってWindowsに移植されたとき、「これはWindowsの中にもう1つのOSを作るためのものか」と想像したものです。

 でも、ジョブズの狙いは別のところにあったようです。iPod + iTunesで、WindowsユーザーにiTunesのインタフェースの良さに慣れさせる。それだけでよかったのです。

 これまで「FinderよりもWindows Explorerのほうが使いやすい」と主張していたWindowsユーザーも、iPodがWindowsユーザーにとってもデフォルトとなった今ではiTunesに慣れ切っています。しかもVistaは、個人的にはXPよりも優れたユーザーインタフェースだと思いますが、XPとのあまりの違いに戸惑うユーザーも少なくありません。

 そこでジョブズが取り組んだのが、FinderのiTunes化。

 LeopardではiTunesで採用された目玉機能、Cover Flowが採り入れられました。でも単にそれだけではありません。Finderのウインドウは「まるでiTunesそのもの」になったのです。

 左カラムに注目。ライブラリというのはLeopard Finderにはないけど、デバイスという項目、共有という項目は同じ。Leopard Finderでその下の「場所」は、iTunesだと「プレイリスト」に相当するもの。ディレクトリ/フォルダですな。

 で、「場所」の下にあるのが、iTunesではスマートプレイリストに相当する「検索」。これは、スマートプレイリストっぽい方法で作った「スマートフォルダ」を置くところです。基本的な考えは同じ。

 Cover Flowとあいまって、iPodに慣れたWindowsユーザーが、Leopardになびいていく、Appleはそんな流れを想定しているのかもしれません。

 いずれはiTunes Store並みに最適化されたショッピングアプリケーションを作り、Appleが野菜から衣服からなにから売ってしまうとか妄想してしまいます。

Comment(6)

コメント

reima

AppleのUIは恐ろしいです。
touchを使って2週間ほどすると、
つい、携帯の画面をフリップしてしまったり、
パソコンのモニターをクリックしてしまったり・・・

私は職場のwindowsパソコンのマウスのスクロールボタンを頻繁にクリックしてしまいます。だって、MacではそれにExposéを割り当ててるから・・・

koya

reimaさん、わたしもiPhoneのせいでMacのUIですら使いづらい状況になってきています。中毒性がありますよね。

くらはし

>Appleが野菜から衣服からなにから売ってしまう

iTunes Storeで、"jobs一家セレクション"な家電を売り出したりして。

4e

ちょっと銀座のLeopardを軽~く試してきました。
……月影先生なみに驚愕。ちょっと触れただけでもUIの洗練度の高さが感じられます。QuickLook素晴らしい。
まったくPCを触ったことのない真の初心者がどう思うかは不明ですが、既にMac or Winを使っている中級者までの人には非常に強い訴求力があるのでは? と一人興奮して帰ってきました。(上級者はそれなりに移行できないしがらみもあるので)
これは、Switchが増えるかもしれない。

うつしん

私は福岡天神で、Leopardを軽く試してみました。
Cover Flow/QuickLookをMac miniで、どう挙動するのか??
8月に買ったユーザーとして、気になって仕方なかったのです。
触る前は、少しもたつくんじゃないかと思ってました。
実際触ってみれば、予想以上に軽快に動くのでビックリ。
外に出る時には4eさんと同じ気持ちでした、まさに百聞は
一見に如かずですね。(誤字があればすみません)

そしてkoyaさんの考えは、言い得ていて納得し知人に
勧める時はこういう視点で言おうと思いました。

koya

くらはしさん、ジョブズって家電使ってなさそうなイメージがありますけど……。
4eさん、うつしんさん、Apple Storeでさわっただけで実感できたわけですね。Windowsユーザーがこの新OSをどのような視点で見るのか、楽しみです。おともだちのスイッチに成功させたらぜひレポートお願いします。

コメントを投稿する