オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

MacBook Pro、故郷に帰る

»

 3日ほど駆け足で長崎に里帰りしてまいりました。ちょうど「さるく博」なるイベントのローンチデイと重なっており、出島のカピタン部屋が実物大で再現されてるところを見たり、トルコライスやらサカナやらちゃんぽんやら皿うどんやらたくさん食ってきたりしました。そうそう。このブログが縁で6〜7年ぶりに連絡がとれた旧友とも再会することができたのでした。

 長崎まで持っていったマシンはMacBook Pro。自宅ではY! BB+AirMac、それ以外では京ぽん2という構成でネットワーク接続し、通常のお仕事もなんとかこなしたのです。

 しかし、仕事でどうしてもWindowsマシンが必要な事態に。おお。どうしたらよいのでしょう。Windowsのみでしか動作しないスケジュールソフトを使わなければならなかったのです。

 でも、こんなときのためのデュアルブートマシン。家の中ではだれも「おお!」と言ってくれないけれども、役立ってくれました。

 Windowsブートでのネットワーク接続には、Wi-Fiを使いました。しかし、日本においてMBPのXOM環境では、内蔵AirMacカードのドライバ設定は成功例がほとんどありません。理由はわかりませんが、米国のユーザーは成功している、IBMのドライバを流用する方法は、デバイスエラーとなり、うまくいかないのです。

 そこで、USBの無線LANカードを使うことにしました。使ったのは、CoregaのCG-WLUSB2GSという製品。標準のドライバを使って無事にOKでした。USBポートから付きだして少々格好悪いですけど、ちゃんと動作するのはさすが。

 東京に戻ってその足でオフィスに着いたのですが、MacBook Proを広げて「Windowsデモ」をやっていると、次から次に編集部の人たちが。なかなか人気の様子でした。何人か買う人が出てくるのではないでしょうか。

 帰省中には、母親がiPodに興味があるという話をカミサンから聞き、三男のshuffleを取り上げて母親用に簡単セットアップをしてあげました。そのおかげで三男はshuffle 512からnano black 1Gにアップグレードしたのです。

 コンピュータの操作を最低限にしてiPodを使える環境を作るにはどうしたらよいか、考えさせられました。

Comment(4)

コメント

himat

iPodに興味があるというのは脳内変換で、実際は”ポケットに入るくらい小さくてどこでも音楽が聴ける機械”に興味があるんだと思いますよ。となれば、正解はコレ。
大人も満足?女の子専用デジタルオーディオプレーヤー タカラ「Music Shower」レビュー - 総合IT デジタル情報サイト「livedoor コンピュータ」Home http://computers.livedoor.com/series_detail?id=26510
これなら、普通に使う分にはPCは不要。他の処でご老体にはMP3プレーヤーは小さすぎて扱えないって話が有ったけど、お子様向けインターフェイス採用のこれであれば、さほど支障はないはず。
USBマスストレージ吸い上げ対応でMP3再生対応な単品CDバーナーが有れば完全PCレスも可能なのだけれど、残念ながらそういう際物は存在しないようで・・・・。
HDDケースではそう言う品物が過去に有ったのだけれど廃番。

koya

「Music Shower」は安くていいですね。単体エンコーディングができる候補としては「TRANSGEAR HMP-100」もあります。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0512/13/news102.html
親の希望が、ラジオくらいのインタフェースで操作できて、数十枚のCDが入れられるといい、というものだったので、このくらいは必要かなあ。

しろとら

とうとうAppleがWindowsを動かす。
http://www.apple.com/jp/news/2006/apr/05bootcamp.html
でも、両方のOSを同時に使いたいのだけれど。
ということで、
ユーザフィードバックはmailto:bootcamp@apple.com
まで。

コメントを投稿する