オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

デジタルビジネスのモデル分類と業界分野毎の有望フィールド

»

経済産業省は2020年7月20日、「第3回 インフラ海外展開懇談会」を開催しました。

政府は、2013年4月に我が国企業によるインフラシステム輸出を支援する司令塔として「経協インフラ戦略会議」を立ち上げ、産業界、国内外の有識者と施策の検討に必要となるファクトを整理・検証し、その方向性を検討することを目的としてインフラ海外展開懇談会を開催しています。

本懇談会では、デジタルビジネスの中には、提供サービスの複数種類やレイヤーの階層が存在し、自らのスタンスと方向性を把握する必要があるとし、以下のとおり整理しています。

データドリブンのソリューションとして、:サイバー×フィジカルデータ活用や、サイバーデータ活用をあげ、基盤インフラとして:デジタル・イネーブラーをあげています。

コメント 2020-07-24 205721.jpg

出所:第3回 インフラ海外展開懇談会 2020.7

デジタルビジネスに係る業界分野毎の有望フィールド(例)として、以下のとおり整理しています。業界分野毎に日本の勝ち筋パターンを見定めることが有益ではないかとしています。

コメント 2020-07-24 210052.jpg

出所:第3回 インフラ海外展開懇談会 2020.7

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する