オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

新型コロナウイルス感染症がもたらした社会・価値観の変容と課題、政策策定の視点

»

政府のIT戦略本部は2020年7月15日、

第78回高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部
第9回官民データ活用推進戦略会議 合同会議

を開催し、「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」について、公開しました。

2020年7月17日には閣議決定しています。<PDF

この中から、新型コロナウイルス感染症がもたらした社会・価値観の変容と課題、政策策定の視点について、とりあげたいと思います。

新型コロナウイルス感染症がもたらした社会・価値観の変容は、経済・生活、働き方、教育、行政、医療、防災など、さまざまな分野に起こっています。

コメント 2020-07-18 173626.jpg

出所:IT戦略本部 2020.7

今般の緊急事態下でのデジタル対応について指摘されている課題例では、

特別定額給付金や雇用調整助成金などの手続きの遅さに関する問題、テレワークでは手続や契約に係る書面・押印の慣行等に起因して、出社を余儀なくされたケースも指摘されています。

コメント 2020-07-18 173701.jpg

出所:IT戦略本部 2020.7

こういった状況を踏まえ、政府では、社会・価値観の変容を受けた戦略策定の視点での戦略の方向性を示しています。

Society5.0時代のデジタル化は、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会として、社会の仕組みの変化やライフスタイルの変化、ITの社会をあげています。

それぞれの変化を踏まえて、コロナ後のニュー・ノーマルの視点として、

対面・高密度から「開かれた疎」へ、一極集中から分散へ
迅速に危機対応できるしなやかな社会へ

といったことをあげています。

コメント 2020-07-18 173740.jpg

出所:IT戦略本部 2020.7

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する