オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

Sports Open Innovation Platform(SOIP)で目指していること

»

政府の未来投資会議は2020年3月2日、

未来投資会議構造改革徹底推進会合
「地域経済・インフラ」会合(中小企業・観光・スポーツ・文化等)(第8回)

を開催しました。

本会合の中から、スポーツ庁が公開している「スポーツオープンイノベーション(SOIP:Sports Open Innovation Platform)」について、とりあげたいと思います。

スポーツオープンイノベーション(SOIP)は、

スポーツの場におけるオープンイノベーションを促進し、スポーツつへの投資促進やスポーツの価値高度化を図るとともに、スポーツの場から他産業への価値高度化や社会課題の解決につながる新たな財・サービスが創出される社会の実現

を目指しています。

2020-03-06 135142.jpg

出所:未来投資会議 2020.3

SOIPによる推進するオープンイノベーション3類型は、

1.スポーツの価値高度化
2.他産業の価値高度化
3.社会課題の解決

の3つに分類しています。

2020-03-06 135239.jpg

出所:未来投資会議 2020.3

SOIP推進によりスポーツ市場を拡大していくためのイメージは以下のとおりです。II関連もAR/VR、ウェアラブルやドローンなどさまざまなテクノロジーとの融合も期待されます。

2020-03-06 135345.jpg

出所:未来投資会議 2020.3

新型コロナウイルスの感染拡大で、様々なスポーツイベント開催が中止されれていますが、こういったSOIPの普及拡大が期待されるところです。

SOIP推進によりスポーツ市場を拡大していくためのイメージは以下のとおりです。II関連もAR/VR、ウェアラブルやドローンなどさまざまなテクノロジーとの融合も期待されます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する