オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

新型コロナウイルス感染拡大による企業におけるネガティブインパクトとポジティブインパクトの上位3つ

»

調査会社のIDCは2020年3月9日、中国のCXOを対象に、新型コロナウイルス感染拡大における企業への影響調査に関する調査結果を公表しました。

CXO Surveys: IT and Digital Transformation Show Growing Value as the COVID-19 Epidemic Takes its Toll

新型コロナウイルスの発生はITとデジタル変革の価値を示しており、今回のリスクを想定した組織設計にシフトしていくべきであると提言しています。

最初に感染拡大が始まった中国のため、参考になる部分あると考え、とりあげてみたいと思います。

企業に対する新型コロナウイルス流行の上位3つのネガティブインパクトは以下の3つをあげています。

・顧客を訪問できない
・販売実績の大幅な低下
・生産を再開できない

一方、企業に対する上位3つのは次のとおりです

・オンライン上での共同作業の企業能力の向上
・すべての従業員の間でデジタルトランスフォーメーションと情報技術の価値を広く認識
・オンラインマーケティングおよびビジネス開発の能力を獲得

企業においては、マイナス要因が非常に多いかもしれませんが、このような機会を契機にDXの価値を広く認識し、企業の価値創造に活用していくタイミングと考えていくのも重要かもしれません。

コメント 2020-03-13 063329.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する