オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

企業のクラウドサービス利用増加により、CASBによる可視化と管理の需要急拡大

»

独立系ITコンサルティング調査会社ITRは2020年3月3日、「国内のCASB(Cloud Access Security Broker)市場規模推移および予測」を発表しました。

国内CASB市場の2018年度の売上金額は11億5,000万円、前年度比76.9%増と急拡大しています。CASBは。企業においてクラウドサービスを利用する機会が増え、クラウド利用の可視化、クラウド利用の際のガバナンス対策、シャドーIT対策、企業が許可したサンクションITの管理を目的に導入されています。

企業では、、クラウドサービスのデータ暗号化、認証強化、情報漏洩対策など、クラウドサービスの安全な利用を可能にするソリューションとして需要が高まっています。

ITRでは、こうした背景を受け、参入するベンダーが増加していることから、2019年度は同93.0%増とさらなる伸びを予測しています。

2020-03-06 131423.jpg

出所:ITR 2020.2

クラウドサービスの利用が拡大している中、シャドーIT対策も大きな課題となっています。

ITRが予測しているに、今後もCASBの市場は益々拡大していく余地があるでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する