オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

約9割の企業がクラウドサービスを利用するも、全システムまたは大半のシステムで利用しているのは約2割

»

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とアイ・ティ・アール(ITR)は2020年3月16日、「企業IT利活用動向調査2020」の一部結果の速報を公表しました。

本調査では、

・働き方改革に関する企業の取り組み
・システムのクラウド移行
・問題となる情報セキュリティにまつわるインシデントや個人・情報保護法再改訂の動きへの関心
・GDPR(EU一般データ保護規則)への対応状況を含むグローバルでのセキュリティガバナンス、
・システムの脆弱性を検査する情報セキュリティ監査の実施状況
などについて調査・分析しています。

今回は、システムのクラウド移行についてとりあげたいと思います。

企業のシステムのクラウド化の状況を見ると、クラウドサービスを利用している企業は9割近くに上っています。

その利用範囲は一部のシステムが約半数の48.3%を占めています。続いて、半分程度のシステムで利用している企業は18.1%、大半のシステムが15.4%、全システムでクラウドサービスを利用している企業は3.5%にとどまっています。

クラウドサービスの導入はかなり進んできており、全くクラウドサービスを利用していないのは11.8%です。

クラウド利用が有益であることは認識されてきており、一部のシステムでの利用から、どこまで社内のシステムの広範囲に広がっていくかが、ポイントとなるでしょう。

コメント 2020-03-21 121254.jpg

クラウドの利用状況

出所:JIPDEC/ITR 企業IT利活用動向調査2020 2020.3

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する