オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界とのギャップは拡大し続け、「ITのリーダーシップ」と「戦略」の能力において世界に後れを取っている日本企業

»

調査会社のガートナー ジャパンは2020年1月14日、日本企業は組織文化を変革してデジタル化を加速し、 世界に取り残されないよう優秀な人材を育成して イノベーションを始めるべき、との見解を発表しました。

日本企業がデジタル化の取り組みにおいて世界の企業に後れを取っており、その差が拡大しているとのサーベイ結果を発表しました。日本企業は2020年、組織文化を変革してデジタル化を加速し、世界に取り残されないよう優秀な人材を育成してイノベーションを始めるべき、としています。

世界とのギャップは拡大し続けている背景は、以下のとおりです。

ガートナーが世界のCIOを対象に実施した2020年のCIOアジェンダ・サーベイの結果から、現在ではあらゆる組織がデジタル化へと邁進しており、世界の企業の40%はデジタル化の取り組みの拡大期に達したことが明らかになっています。

拡大期に達した企業の割合は、2018年の2倍以上に増え、2019年のCIOアジェンダ・サーベイで、世界と比べてデジタル化の取り組みにおいて後れを取っている日本企業は、2020年の同サーベイではその差がさらに広がり、11ポイント (2019年) から28ポイント (2020年) にまで拡大しています。

また、日本企業は「ITのリーダーシップ」と「戦略」の能力において世界に後れを取っている点も指摘されています。

日本企業は、世界の適合した企業と比較すると、特に「ITのリーダーシップ」と「戦略」に関する能力が課題であることが浮き彫りになっており、特に、日本企業が大きく引き離されていた項目は以下のとおりです。

・「IT組織の文化を育成、変革する」(ITのリーダーシップ)
・「企業が変化を舵取りできるようにする」(ITのリーダーシップ)
・「明確で一貫性のあるビジネス戦略全般」(戦略)

「戦略」に関する能力については、「データ・ドリブンな意思決定をタイムリーに下す」ことにおいて、日本は世界に遅れているという状況となっています。

スクリーンショット 2020-01-21 22.54.55.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する