オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

パーソナルデータへの信頼とAIで変わるマーケティング ~ガートナーのマーケティング予測から

»

米調査会社のガートナーは2019年12月に公表した調査によると、2025年までに、パーソナライズに投資したマーケティング担当者の80%が、ROI (投資収益率) の不足、顧客データ管理の危険性、またはその両方が原因で、その取り組みを断念する見込みであると予測しています。

Gartner Predicts 80% of Marketers Will Abandon Personalization Efforts by 2025

ガートナーでは、マーケティング担当者が急速に進化する顧客行動に適応し、利用しやすい計画を立てるのに役立つものとして、以下の予測をしています。

By 2023, chief marketing officer (CMO) budget allocation on influencer marketing will decrease by a third as consumers continue to lose trust in brands and entities they don't personally know.

2023年までには、最高マーケティング責任者(CMO)のインフルエンサーマーケティングへの予算配分は三分の一減少するだろう。

•By 2024, artificial intelligence identification of emotions will influence more than half of the online advertisements you see.

2024年までに、人工知能による感情の識別は、ユーザーが目にするオンライン広告の半数以上に影響を与えるようになるだろう。

•By 2022, 25% of marketing departments will have a dedicated behavioral scientist or ethnographer as part of their full-time staff.

2022年までには、マーケティング部門の25%に専任の行動科学者または民族誌学者が配置されるだろう。

•In 2023, one-third of all brand public relations disasters will result from data ethics failures.

2023年には、すべてのブランド広告代理店の1/3がデータ倫理の失敗に起因することになるだろう。

gartner.PNG

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する