オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

デジタル時代の国際競争の「第2幕」とは

»

政府は2019年6月7日、

第76回高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部
第7回官民データ活用推進戦略会議 合同会議

を開催し、「デジタル時代の新たなIT政策大綱」などについて議論・検討を行っています。

「デジタル時代の新たなIT政策大綱(案)」の中では、デジタル時代の国際競争環境についても記載されています。

デジタル時代の国際競争の「第1幕」は、サイバー空間が競争の場であり、日常の行為は、「検索」「コミュニケーション」「消費」をサイバー空間で可能にするサービスが世界に普及し、サイバー空間でアプリや広告の高度化が競争の軸となっていました。

この間、Google、Amazon、FacebookなどのいわゆるGAFAと呼ばれる巨大なプラットフォーマーが、10年間大きく事業を拡大してきました。

では、デジタル時代の国際競争の「第2幕」とは何を指しているのでしょうか。

デジタル時代の国際競争の「第2幕」は、サイバーとフィジカルの融合が競争の場としています。

スクリーンショット 2019-06-12 21.14.33.png
出所:高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部 2019.6

サイバー空間でAIで分析したデータを、フィジカル(現場)に適⽤し、ビジネスの⾼度化を図る競争となっています。

この競争下では、⽇本の強みである「カイゼン」・「すり合わせ」・「現場⼒」などを⽣かせるチャンスとしていますが、その⼀⽅で、フィジカル空間のデジタル化の競争に負ければ、⽇本は「勝ち筋」を失うリスクもあると指摘しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する