オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

第57回 NTTコミュニケーションズ ビジネスICTセミナー BYOD/リモートワークを導入するなら、このサービスだ!!(日本マイクロソフト、セールスフォース・ドットコム、富士通ビー・エス・シー)

»

7月30日(火) 14:30~  日本本マイクロソフト、セールスフォース・ドットコム、富士通ビー・エス・シーによるBYOD、リモートワークを中心としたセミナーを開催されます。

詳細は、こちらから
http://www.ntt.com/biz_partner/data/seminar.html

日時
2013年7月30日(火) 14:30~17:30(受付14:00~)

会場
東京都港区海岸1-2-20
汐留ビルディング11F NTTコミュニケーションズ プレゼンテーションルーム

参加費
無料(事前登録制)

主催
NTTコミュニケーションズ株式会社
協賛:日本マイクロソフト株式会社、株式会社富士通ビー・エス・シー、
株式会社セールスフォース・ドットコム

内容

2012年に通信コスト・管理コスト削減の起爆剤として、スマートデバイスのBYOD(Bring Your Own Device)導入が注目され、今では導入する企業も増えてきている。しかしながら、「利用者の利便性」、「日常業務の効率化」、「セキュリティ対策による安全性」の3つをバランスよく確保し導入されているケースは多くない。
本セミナーでは、NTT ComのBYOD導入事例と共に、「利便性・効率化・安全性」の実現を可能にするビジネス向けサービスをご紹介します。


(1) Windows/Officeが実現するワークスタイル革新 ~Office365とスマートデバイスのある世界~
(日本マイクロソフト株式会社  エバンジェリスト 西脇 資哲 氏)

Windows8およびWindows8を搭載したスマートデバイス群と、Office365によるコラボレーション・コミュニケーションの実現の例を具体的なデモンストレーションを交えてご紹介します。スマートデバイスとしての最新Surfaceはもちろん、iPadやAndroidなども交えて、さまざまな環境下でも安全に互換性高くビジネスが継続できる姿を解説いたします。


(2)あなたの会社でもBYODは行われている ~シャドーIT対策をいつやりますか~
(株式会社富士通ビー・エス・シー 担当部長 新谷 剛 氏)

急速なスマートフォンの普及に伴い、スマートフォン利用者はBYODとは意図せずにカレンダー等を利用し業務遂行を行っています。BYODは身近なところから行われているのです。BYODの現状認識をし企業として情報漏洩対策について説明します。


(3)クラウドワークで実現するリアルタイムな情報基盤としてのSalesforce.com
(株式会社セールスフォース・ドットコム  パートナーアカウントシニアディレクター 松元 洋治 氏)

競争する営業から、共創で売上をあげる営業への変革事例を中心にクラウドワークの今をお伝えいたします。


(4)BYOD解禁によるワークスタイル変革 ~NTTコミュニケーションズの働き方改革とは~
(NTTコミュニケーションズ株式会社 重定 浩之)

2011年にBYODの解禁を始め、2012年には通信費を約30%削減。NTT Comがセキュリティを確保しながら、BYODで大幅コスト削減に成功したポイントを、 ケーススタディにて紹介します。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する