オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

iPad miniを使ってみての感想

»

2012年11月2日、iPadの発売日にiPad miniを購入してきました。

image

初代iPadしか持っていなかったため、ずっとこのiPadの発売を心待ちにしていました。7インチ前後では、いくつかのタブレットが出ていましたが、迷うことなく、iPad miniを選択しました。

実際に触ってみての感想ですが、想像以上に軽くて、かばんに入れてもあまり木にならず、また、電車などの移動でも気軽に使える感じがしています。

これまで移動時のネットサーフィンは5.3インチのGALAXY Noteを使っていましたが、iPad  miniを使うケースが増えてきそうです。ちなみに、iPad miniのアクセス回線は、GALAXY Noteでテザリングしています。

私自身、ブロガーを毎日書き、さまざまな執筆活動もしているため、新幹線の移動時など外出先で気軽に執筆ができるかというのも重要なポイントです。

iPad miniとZAGGのキーボード「ZAGG KEYS FLEX」とのセットが気に入っています。

308gのiPad mini とキーボードが181gなので、合計489gの重さで、執筆活動でも結構快適な環境が実現します。

image

ちなみに、iPad miniを支えているスタンドが以下の写真です。東芝の初代のWindows Phoneのスマートフォン「T-01A」を購入した際に付属したものですが、数十グラム程度で軽いので結構便利です。

image

全体的な感想ですが、10インチ前後のタブレットは毎日持ち運ぶのは結構大変な気がしますが、iPad miniは気軽に持ち運べるのが大きいと思います。

私自身、一つのOSに依存することなく、スマートフォンはAndroid OS、7インチタブレットはiOS、そして、10インチ以上は、プレゼンなどの資料作成も多くなると思われますので、Windows RTやWindows 8などのタブレットを考えています。

Drop BoxやEvernoteなど、スマートデバイスからクラウド環境に容易にアクセスできる時代になった今、あまりデバイスのOSの違いを感じないようになりました。むしろ、状況に応じて大きさを選択できるように様々デバイスを持ち、様々なOSを利用できる最低限の知識を持っておけば、いろんな使い方ができるのかなと思っています。

その中でも、iPad miniは私にとっては、魅力的な端末であり、かなり重宝できるのではと思っています。


オープンクラウド入門 CloudStack、OpenStack、OpenFlow、激化するクラウドの覇権争い (Next Publishing(Cloudシリーズ))

 

「クラウド・ビジネス」入門「クラウド・ビジネス」入門 電子書籍(iTunes Store)

担当キュレーター「わんとぴ
OneTopi「クラウド」@cloud_1topi(クラウド)  OneTopi「情報通信政策」@ict_1topi(情報通信政策)
OneTopi「電子書籍」@ebook_1topi(電子書籍) OneTopi「モバイル」@mobile_1topi(モバイル)
OneTopi「SmartTV」@smarttv_1topi(スマートテレビ) OneTopi「地域活性化」@localict_1tp(地域活性化)
OneTopi「スマートシティ」@smartcity_1tp(スマートシティ)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する