オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

「第2回クラウドコンピューティングEXPO」初日に参加して

»

11月10日から開催されている「第2回クラウドコンピューティングEXPO」の初日に参加してきました。

image

今回は、単独開催でしたが、非常に人も多く、クラウドコンピューティングに対する関心の高さが伺えました。私自身は、初日は丸一日参加しており、得るものも多かったと思っています。

ざっと、1日の行動をご紹介させていただきたいと思います。

まず、「NTTコミュニケーションズ」のブースのブースに足を運び、「BizCITY」の展示内容を確認してきました。

次に、となりのブースにある「さくらインターネット」のブースを見学しました。ブースは石狩データセンターの概観をイメージしていました。展示では、石狩データセンターのパネルもありましたので、設計施工を担当している大成建設の担当者の方から、断面図とエリアーフロー図を見ながら、外気利用や塩害、積雪への対応、空調管理など、の考え方について説明いただきました。

image

田中社長から石狩データセンターの概要や今後について、1時間ほどお話を聞きました。

その後、青森県のむつ小川原開発地区(六ケ所村)の展示もしていたので、足を運びました。青森県では、六ケ所村を中心に積極的にデータセンターの誘致をしており、総合特区においても「戦略的グリーンITパーク設立構想」を提案しています(関連ブログ)。

午後の13:00からは、「徹底解説!クラウドコンピューティング入門」のセミナーでお話をさせていただきました。幸いにも有料セミナーでは、最も申し込みが多かったとのことで、まだまだクラウドコンピューティングに関する概要を知りたいというニーズは多いということを感じました。

次に、特別講演でNTTコミュニケーションズ 代表取締役副社長 法人事業本部長 海野 忍氏の講演「フルレイヤをワンストップで実現する高品質クラウドソリューションの最前線」を聴講しました。会場は、1,000人以上入れるとのことですが、満席でした。(見えにくい写真ですいません)

image

その後は、1時間弱ほど、各ブースをまわり、全体の動向をざっと確認してきました。

16:00からは二つの有料セミナーをはしごしました。まず、アクセンチュアの沼畑氏による「企業ITを変えるクラウド・コンピューティング」では、経営やITガバナンスの視点からお話をされていました。次に、マイクロソフトの砂金氏による「すべてのIT技術者に贈る、クラウド時代の心構え」のお話をお聞きしました。資料が90ページと大変ボリュームがあり、相当準備されたのではないかという印象で、いろいろと勉強をさせていただきました。印象に残ったのは、クラウドをアーキテクトとして捉えるという考え方です。

ということで、あっという間に1日が終わってしまいました。クラウドコンピューティングを、ビジネス、経営、サービス、アーキテクト、データセンターなど、様々視点で考えることができ、また、多くの方々と名刺交換やあいさつ、情報交換などができ、人脈を広げる上でも大変充実した1日でした。

今回、クラウドコンピューティングEXPOの事務局の方々にはセミナー等において大変お世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する